*LUNCH TRIP とは*

2か月に一回、ランチしながら旅しちゃおう!
都内の異国料理レストランを巡って、その国にいったことのある方のガイドでその国に思いをはせ、ちょっとだけ詳しくなります☆
「旅という非日常は、日常を変えられる!」と信じるCrew:ami,なぁほ,きょうこ,まさが、Passengerたちの素敵な旅をお手伝いします。

"Lunch Trip" is a social lunch group to enjoy many different cuisines in Tokyo. We travel around the world by having lunch and sharing stories of someone who has been there. Ami,Naho,Kyoko as Lunch Trip Crew would like you passengers to enjoy great trip.
Ready to come with us?

2010年12月28日火曜日

2010年ラストLT韓国便~KARA~

もうすぐ無職から社会復帰するマサです。(ちなみに、題名のKARAは全く関係ないです。。)
パーティーや忘年会が続く日々、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
「ウコンの力 SUPER」のBOX買いをお勧めします!

さてさて、2010年ラストLTは韓国便でしたね★
寒い日に温かくて辛い韓国料理に囲まれ無事終えることができました!

今回は某大手電機メーカーのホープであるコクダイ君にガイドをしてもらいました。
テーマは「日本人よ!開国せよ!」でした。(←勝手につけましたw)


もう少し噛み砕くと。。。

韓国では、就職する際に英語がマストのため海外の大学に進学したり留学する学生が非常に多く、
ビジネスにおいてもLGやSUMSUNGなどのメーカが海外でのマーケットシェアを順調に伸ばしているみたいです。
(実際に南米やインドでは家電料品店では「SONY」、「SUMSUNG」、「LG」ばっかで、他日本勢はほぼ皆無)

このような韓国人の「外向きさ」を取り入れたら、もっと日本が良くなるではないかとのことでした。

そのためには、どのようにしたら良いかという事をディスカッションしました。
日々の生活環境に対する意見や、国や企業レベルでの意見がでました。
例えば、周りに海外通の友達を増やしたり、企業が採用する際に青年海外協力隊での経験や留学の経験を重視すべきという意見がありました。


ここからは僕の考えになりますが、現在日本社会は過去の栄光にしがみついているのではないかと思います。 過去に第二次世界大戦の敗北の1つ理由で、日露戦争で勝利?した時に海軍主義に日本は陥りました、その過去の栄光を忘れられずアメリカ空軍に手も足も出なかったというのがあります。
今まさに、この状況と同じではないでしょうか?
戦後経済大国になったという過去の栄光に頼っているのではないかと思います。これから日本人としてという考えも非常に重要だと思いますが、アジア人として更には地球人としてどうあるべきかを日々考えていく場面が増えてくると思います。
そのためにも、日本人が外向きになる事は重要だと思います。

パパ・ノエル

先週末はメリークリスマスでした☆
皆さんはどんなクリスマスを過ごしたのかな^^

こちらは相変わらず暑いし、ぜんぜんそんな気がしなかったですが;


ブルキナファソはイスラム教徒が多いし、そんなに盛大ではないけれど、
キリスト教徒も10%くらいいるので、街ではちらほらクリスマスの飾りを見かけたり、公立の幼稚園でもクリスマス会があったりします^^

ブルキナではイスラム教もキリスト教も仲良くやっていて、クリスマスはキリスト教徒がごちそうを作ってみんなを家に招待する日、
タバスキ(イスラムのお祭り)はイスラム教徒がごちそう作ってみんな(外人でも異教徒でもOK)を招待する日、って感じになってるみたい☆

フランス語だとクリスマスはノエル、サンタクロースはパパ・ノエルですが、
幼稚園のフェットドゥノエル(クリスマス会)にパパ・ノエルが来たんですが・・・
衝撃でしたw

2010年12月26日日曜日

LT韓国便写真☆

Lunch Trip韓国便の写真をアップします!
みなさま、来年もよいお年をー☆

2010年12月22日水曜日

KAYA

今月のはじめにKAYAという街とその近くにあるブスマという村に行ってきました。

ちょうど年末の祭りをしているところで、エンペラーと呼ばれる方に会えました。
(ブルキナにはエンペラーと呼ばれる村長を任命する権限を持つ人が各地方ごとに5人いるそうです)

祭りでは近くの村長がずらっと現れたり、エンペラーへの貢ぎ物(動物とか)が出てきたり、村人がダンスを披露したり、空砲を打ったり、
いろいろと目新しく新鮮でした☆

KAYA

2010年12月21日火曜日

京都

こんにちは Crew amiです。
今週はついにクリスマスですねー!お忙しい時期ですがいかがお過ごしでしょう?

先々週いったマレーシア旅行、先週日曜にあったLunch Trip韓国便など、書きたいことが沢山あるのですが追いつけないでいます。

その前にひとつ、とても嬉しかったことがあったので書きます!
11月遊びにいった京都で待ち合わせに迷い、ウロウロしていました。
目の前にいた綺麗なお姉さんに道を聞いたら、その近くまでいくから連れてってくれるとのこと!
方向音痴を発揮して逆方向に歩いていた私には、優しい彼女が天使のようにみえました。何も持ち合わせていなかったのでランチトリップの名刺をお渡ししてお別れしました。
たった五分でしたが京都の印象がもっとよくなりました(^ ^)
で、先程その方からメールがきました(*^^*)

*****************************
Launch Trip  亜美 様

こんにちは!
突然のmail、お許しくださいませ。
以前、京都市内(烏丸通だったかな?)にて錦市場付近まで案内させていただいた者なのですが、覚えてくれていますか?
その際、お名刺を頂戴したのですが、今回そちらに記載されておりました
アドレスにmailを送らせていただきました☆
最近はとっても寒い日が続いておりますが いかがお過ごしでしょうか?
さて、またまたこれも名刺に記載されておりましたHPを拝見させていただいたのですが、とってもオシャレで素敵なHPに感激しました!!
私も旅行は大好きです!!
とはいいつつ、仕事が忙しいを言い訳に、近年はあまり遠くには行けていないのが現実ですが・・・
何はともあれ、亜美さんとお知り合い?(私が勝手に思っているだけかもしれませんが・・・)になれたこともご縁だと思っております。
よろしければ、仲良くしていただけませんでしょうか?
***************************

ね?嬉しいメールでしょ?
こちらこそ!というかんじです(=^x^=)
アンケートの結果によれば、ランチトリップのパッセンジャーは、旅先での出会いを買い物や観光地より重視するみたいなのですが、もちろんわたしもその一人。
で早速また京都にいきたくなります。笑
こうやって繋がるのもメールやホームページのおかげだなぁ。
なほ、拓也くんホームページ作ってくれて改めてありがとう!

ちなみに、
Launchというのも良いかもw

2010年12月12日日曜日

新しい趣味と現地服

どうも、きょうこです☆

道端に
ヤギがいてもロバがいても牛がいても豚がいても
驚かなくなった今日この頃☆

(でも犬がいるとちょっと怖いです。犬は好きだけど、狂犬病は怖い!)


テレビがない分家での時間がたくさんあるので、
最近の趣味はもっぱら・・・


手芸と家庭菜園☆
まるでおばあちゃんw


仕立ててもらった服の余りの布で、シュシュやら巾着やらいろいろ作ってみてます。

ぶるきな☆ぶろぐ -アフリカの幼稚園へいってきます!--手芸


いやーー手芸楽しい♪
時間忘れてしまうし、出来は何にせよ、何かが出来るのは達成感☆


あと一応庭があるので野菜も少し植えてみました。
芽が出たので毎日育つのをみるのが楽しみ♪♪


あっそういえば、
前に仕立て頼んだとブログで言ってた現地の服、出来上がりこんな感じです↓
(海苔巻き片手にニヤついてますが・・・w)

ぶるきな☆ぶろぐ -アフリカの幼稚園へいってきます!--現地服

こちらの女性は、普段着ではいろいろな柄のついている木綿のパーニュといわれる布でできた服を着ています。バザンといわれる少し光沢のあるあまり柄のない布もあって、それは公式用の服によく使われます。

私の布は光沢はついてるけど、バザンではないので、その中くらいな感じでしょうか☆
でも気に入った布で、好きな形に仕立てたので、
当然お気に入りの一着です♪

2010年12月1日水曜日

驚いた。

昨日いきなり、カンボジアでボランティアしたときの高校生からメールが
届いた。
元気?って。
奨学金をもらって大学いってるんだって。
あのほんとに何もない村にいた高校一年生男子が、立派になって、、。
と年長者ぶる。
実際大学五年のときいったから、ボランティアでも一番年長者だったんだ
けどね。
メールくれたことに、ただただ驚いた。ありがとう。

大学1年生でボランティアしていたハワイビッグアイランドのこど
もたちは、当時8、9歳だった。
で、当たり前だとそれから7年、彼らは高校生になってた!
これはfacebookで知る。
まさか当時の子供達の現在がこんなにリアルにみえるとは。
メールよりさらに多面的に生活がみえるfacebook。写真、ひととの
やりとり、プロフィールページで大体そのひとのことがわかる。

ああ不思議。
子供 だった子たちが、同じ目線にいる感じがする。
少なくともfacebook上は上下関係がない。

米軍の連絡のために作られたらしいインターネット。生活に欠かせなく
て、生活の必需品。
ネット上で何かできることに対し、便利だと思ってもいちいち感動までは
しなくなってきている。

でもやっぱりこうやって離れた場所の人が繋がれるというのは、驚き。
インターネットのすごさを改めて感じる。
世界が狭くなるとは、まさに、こういうこと?


Sent from Ami's iPhone

2010年11月28日日曜日

LunchTrip韓国便

> 【LunchTrip韓国便のご案内】
>
> 皆さんこんにちは。気温の変化が厳しい中、いかがお過ごしでしょうか?
> LunchTripのマサです。
>
> 次回の韓国便の詳細が決定しましたので下記詳細記載します☆
> 是非ご参加頂ければ幸いです。また、ご興味のある方もお誘い下さい。
>
>
>
> 以下転送&告知文
>
> 「旅と食、そしてそれらを通した人とのつながり」に興味のある方へ。
>
> LunchTripのマサです。
> 下記日程でランチパーティー(LunchTrip韓国便)を開催しますので、ご興味のあ
> る方は是非下記申込先まで氏名をご記載の上ご連絡下さい。
>
>
> 【下記詳細】
>
> ◆テーマ
> 韓国通が話す未だ見ぬ韓国を知ろう
> ※彼の話を聞きましたが、私達も知らない驚きの事実が非常に多かったです。
> ◆日時
> 12月19日(日)
> 12時30分〜15時
> ※12時20分に直接お店にお越しください。
> ◆場所
> 韓味里@新大久保
> URL;http://mobile.gnavi.co.jp/shop/ga2j000/?uid=NULLGWDOCOMO
> ◆参加費
> 2800円
> ◆申込先
> lunch.trip@gmail.comへ、12月12日(日)までに氏名と「韓国便参加希望」とご
> 記載下さい。
> ◆guide(プレゼンター)
> 石代君
> 韓国の表も裏も知ってる電機メーカーで働くビジネスマン
>
> ◆ご参加される方へ
> 当日を更に楽しんで頂くために、以下の項目のいずれかについて少しでも調べ
> て来て下さい。
> �整形が一般的である背景
> �キリスト教が広まった背景
> �IT大国になった背景
>
> ◆Twitter特典
> �アカウントlunch_tripをフォロー
> �"韓味里でランチトリップ韓国便12/19"と呟く、またはリツイート
> �当日Crewに画面をRT画面を見せる
> これで、次回韓味里20%割引のチケットが発行されます!
> みなさまのフォロー、お待ちしております。
>
>

2010年11月22日月曜日

活動開始☆

ついにブルキナファソの首都ワガドゥグでの幼稚園の巡回活動をはじめました☆

うーん、暑い!(日中は45度を超えたりも;)
うーん、けむりっぽい!(砂とバイクの排気ガスがすごいです;)

でも、なんとか元気に自転車で幼稚園を回ってます♪
まずはひととおり回ってみて様子を知りながら、活動の拠点を決めていこうと思っているところです。


今までに3つの園を見に行ったのですが、話には聞いていたけれどいろいろとびっくりすることだらけ。

まず驚いたのは1クラス30~80人と多くの子どもがいるにも関わらず、
幼稚園に絵本やおもちゃがほとんどないことです。

子ども達は数少ないおもちゃを取り合ってよく喧嘩をし、
先生はそれをたたいて止めることが多いです。(中には棒でたたく人もいます)

日本の幼稚園や保育園とは、まったく違う状況が、こちらの幼稚園にはあります。


こう言うと、なんというかひどい印象を与えてしまうかもしれませんが、
子ども達も日本の子達と変わらず可愛いですし、
先生達がたたいてしまうのにも、理由があるのです。

十分な数の教員がいない、十分な教材やおもちゃがない→次々と取り合いや喧嘩が起き収拾がつかなくなる→手早く治めるために子どもをたたく

という感じでしょうか。

さらに、現地語を話す子ども達に公用語のフランス語を教えていかなくてはいけない、など、
ブルキナの先生方はとても厳しい状況の中で保育を行わなければならないのです。


いろいろと考えるところはありますが、まずは焦らず、ブルキナファソの幼稚園の状況をよく知ることに努めようと思います!



あっ個人的にすごくツボな動画が撮れたのでアップします♪
手ぶれがひどくて申し訳ないけれど、
給食のおばちゃんの自由っぷりと、子どもの動きがそれぞれ面白くて!(笑)

先生が3人しかいない幼稚園で、
先生2人はどこかへ行ってしまい、
残った1人も疲れて給食のおばちゃんにバトンタッチ!
おばちゃんのオンステージが始まる・・・

しかも

“Ça ne va pas~♪(ダメだこりゃ~)
tout le monde!(みんなで!)”

って(笑)

おばちゃんノリノリ♪
子どももノリノリ♪♪

2010年11月14日日曜日

旅は現実逃避か

(これは昨日大阪へ向う電車の中で書いた日記です)
関西旅にきたかったのはなんだろう?
何が見たい訳でもないのに、先月半ばからずっと来たかった。

わたしにとってここは
小さいころ少しだけ住んだ場所。
何でも吸収したい、幼稚園から小学3年まで。
反抗期にはいってるわけじゃないから、特に辛い思い出もない。
むしろ、東京に住んでたときの人見知りを脱して活発になるきっかけをく
れたのがこの引越しだった。

最近、人生の転機にたつ友人が"こういうときは原点に帰りた
い"といっていたけども、わたしもそういう感じかも。
転機まではいくかわからないけど、この一週間、おじいちゃんを亡くし
て、お通夜、御葬式があった。喪主の家族として過ごす中で、家のことや
都会暮らし田舎暮らしのこと、おじいちゃんの人生、自分や家族の人生を
色々考えた。

段々責任ある仕事を任されるようにもなり、
プライベートでも決めなくてはいけないことがたくさん。

旅先では、すこしそれから免れる気がする。

ランチトリップタイ便のときに、ガイドかじかじが言ってた、旅は現実逃
避だって。わたしにとってはそんなことはない、だって現実だって悪くな
い、とそのときは答えてた。
でもやはり、旅って悪くいえば逃げという一面も持つ気がする。
だって旅先では煩わしいこと考えるより現地のことを知ることを優先した
いもん。

わたしの関西でのお気に入りは電車での方言盗み聞き。
訛りを聞くだけでほっこりするし、普通のおばはんたちが面白い。
というわけで神様、今日明日だけは、許してください。
わたしの微かな現実逃避。

それによって、気分転換をされて、前に進もうと思うのだから、現実逃避
も悪くない。

とにかく、関西旅と向こうの友達はわたしに元気をくれる、リフレッシュ
材。

2010年11月8日月曜日

ハロウィン写真

ハロウィン

日本人のくせに土日両方盛り上がってしまいましたよ。
なんだと思う?このキャラ?
魔女です、魔女宅のキキです。

どうせなら昔からなりたいものになりたい
他人とかぶりたくない
買って作るだけのコスプレはイヤ

留学先がオレゴンだったからなのか、
それとアメリカみんななのか知らないけど、
私にとってハロウィンもユニークさを競うイベントだった。
それにしては今回はちょっとだめだったかな?
けど、ジジまで連れてこのホウキを持ってれば
プレゼントのハコまであれば
日本人はみんな分かってくれました!

何度夢に見たでしょう
ほうきにのって飛んでいける自分を
どっちかというとジブリのもとになった角野栄子の原作版を繰り返し読んでいたわたしにとって、キキは憬れの少女なの。

それにしても。
ハロウィンが広まったのってここ三年くらいで、
ディズニーランドが広めたとわたしは見てる。
だからハロウィングッズは日本では可愛いものとして捉えられてる。
クリスマス前の開いた期間を上手く生かした
この戦法には脱帽というかなんというか。
日本も同じ様に他の国で盆踊りを広めたりできるんだろうか?
他の国のお祭りをやるのはたのしいけど、
自分達の国のことを忘れてる様な気もしてならない
日本の地方にはたくさんのお祭りがあって
まだまだ廃れてなんかない
むしろYOSAKOIとか年々盛り上がってるよね
わたしは引越しの多い人生を理由に地域に密着できていないのかもしれないな

資本主義に踊らされてる若者
大学時代の先生に言わせれば、戦後の占領期を抜け出せていない若者かもしれない

そんなことを考えつつ絵を描きながら
向かったハロウィンパーティ
だってそこにはあの子がいてあの人がいて
そうやってうきうきでとったのが先ほどの写真だったって訳なのですた。

2010年11月5日金曜日

嫉妬

昨晩、わたしは久しぶりに嫉妬を覚えた。
先生に見せてもらった水彩画が、うますぎたのだ。
二十歳のときに描いたんだけど、見せてなかったっけ?
そういって差し出されたのは、ギリシャかどこかの凱旋門。
本気で写真かとおもった。いや、写真以上。
横にあるわたしの絵は、幼稚園児のものみたいだ。
個展なんていってることが笑えてきて、なんだか無性に恥ずかしくなっ
た。
まだまだ下手なことは承知で、練習する目標のためのギャラリーカフェで
はある。
でも、あまりにも稚拙に見えてきた。
だからこそ教室に通っているのだけど、この焦燥感があるからきっと成長
するのだけど、なんだか恥ずかしいし、やりきれない。

そうして電車にのり、久しぶりにmixiを開く。
海外にいる友人が"水嶋ヒロがどうの"いっている。
へー、小説をかけるんだ。
かっこよくて、演技ができて、小説もかけるほどの頭のよさ。
確か語学もスポーツもできるんじゃなかったっけ。
TVの向こうにいるひとと自分を比べても仕方ないのかもしれないけど、わ
たしにとっては絵の先生も水嶋ヒロも同じに思えた。
いつもは自分で自分のすきなことをやっているといわれ、自分でもそこに
自信を持っていた。ただ、それが評価されるほどにうまくいかないと意味
がない気がしてきた。

でも彼らは多分、わたしが想像できないくらい辛い思いもしてるかもしれ
ない。
それに、わたしは彼らが出会わなかった一人一人にあって生きているんだ
し。
今朝は晴れてて気持ちがよいので、そう思って少し前向きになれる。
今日の会議も、ビジネスプランのプレゼンも、マーケティングの宿題も、
笑顔でうまくやろう。

ちなみに、昨晩からもうひとりのジェラシー対象は、モデルの杏ちゃん。
ラジオで流れた彼女の"愛は勝つ"は、透き通っていて綺麗
で、何度も聞きたくなった。
天は彼女にいくつの才能を与えるんだろうと思うけど、やっぱ才能を持っ
てても見せるのは本人なんだ。
どうみせるか、どう取り組むかで物事は変わってくると信じたい。

というわけで、結局モチベーションとなりうる嫉妬ならば、わたしは自分
に許すことにした。

Sent from Ami's iPhone

村訪問

3週間の現地研修が終わり、首都のワガドゥグに戻ってきました。

ただ今ワガドゥグでは、アフリカの民芸品が集まるシアオという二年に一度のお祭りのまっ最中なので、
今週末見に行ってみようと思っているところです^^


先週末は、研修所のあるボボデゥラッソの南にあるファラコバという村に行ってきました。

村ではちょうど稲刈りをしているところでした。
(ブルキナファソでもお米をよく食べます!
“リソース riz sauce”という、炊いたご飯に野菜やお肉を煮込んだソースをかけた料理は定番です)


稲刈りは朝早くから村人総出で行います。

男性達がカマで稲を刈って、
それを女性と子ども達が拾って集めます。

赤ちゃんや小さな子ども達は近くの木陰で、年上の子ども達が面倒を見ます。

ぶるきな☆ぶろぐ -アフリカの幼稚園へいってきます!-


すこし手伝うだけでもすぐにクラクラしてしまうほどの暑さと大変な作業です。

フランス語の分かる村の方が、
(ブルキナの村ではほとんど現地語が話されいて、ファラコバではデゥラ語が話されています)

「私達の仕事はこの通り、機械もなくすべて手作業で、すごく厳しく大変だ。
でも、ここには村人みんなの協力や、近所同士の良い関係があるんだ。」

と話してくれましたのが、印象に残りました。



さてさて、ついに来週からは活動スタートですっ
どきどきどき

2010年10月28日木曜日

Lunch Trip to Polandレポート

Crewあみです。
10月23日日曜は、Lunchtripポーランド便でした。
だあしえんかという四谷にある小さいお店は、実は
チェコ料理やさんなのですが、東京にはポーランド料理屋がないので、東欧料理の中から選びました。
いくつか東欧料理を回ったけれど、一番店員さんもとても気さくで、暖かい雰囲気。
お店の中は東欧関係の本であふれています。

ガイドであるタカヒロくんは、留学の友人に会いにポーランドへ向かいました。
アウシュビッツで見た世界は、文字通り「息をのむ」ものだったそう。
そこから、正義とは、異常とは、を深く考えたタカヒロくん。
また、こんな異常な世界を信じ込ませるヒトラーについてもいろいろ思いをめぐらせて。

今回は、Part1で観光や楽しい面にフィーチャー、Part2でまじめなテーマをディスカッションと、全く違う雰囲気から選んでいただきました。
明るく楽しく自由な会話が中心のPart1。ポーランドの観光や、美女を含めて旅路を楽しく話してもらいました。Passengersにも、自分が正しいと思っていたことが実は違ったと発見したことをいろいろとおしゃべりしてもらいました。
ビールを飲んで、わいわい楽しい雰囲気が、写真からも伝わると思います。

打って変わってPart2では、「独裁者と指導者の違い」を一つのテーブルを囲んでディスカッション。
ガイド兼ファシリテーターのタカヒロくんも、朝予行練習しているはずのCrewも、そしてPassengersもみな頭をフル回転させて1時間近く語り合いました。
テーマをかいつまむと、こんなかんじ。
あなたの思い描く、またあなたの身近にいる独裁者は?
その共通要素は?
あなたの思い描く、またあなたの身近にいる指導者は?
その共通要素は?


さて、今回はCrewにとっても以下の点で始めてづくしでした。
-1日2回のランチトリップ・・・体力を使う。Part1でおなかがすく。w
-結構重いディスカッション・・・・事前準備が鍵!
-アンケートはネット上で。・・・・不手際でなかなかエラーが起こったりしていますが。
もちろん、Guideを勤めてくれたたかひろくんにとってはすべてが始めてのはずなのに、とても進めやすかったというのが実感です。

いつもガイドにとても恵まれている私たちですが、タカヒロくんは思考回路をわかりやすくみせてくれた分、
とてもやりやすかった。

話し合いをするときは、自分がどういう経験をしてきて、何を伝えたいかをなるべくビジュアル化して伝えることが大事なのだと、
彼から学ぶことができました。
また、ファシリテーションの上手な彼にはこれからもLunchTripで活躍してもらいたいと思います;)


今回ご連絡をいただいたのに来られなかったかたがた、ごめんなさい。
また次回のご搭乗でお会いできるのを楽しみにしております!

2010年10月25日月曜日

LTポーランド便(2010/10/24)

昨日はLunch TRIPポーランド便でした。レポートは後ほど♪
写真をアップします!

2010年10月22日金曜日

着・ブルキナ



こんばんは☆
(そちらでは、おはようございます、かなぁ。)

ブルキナファソに来てから2週間とちょっと。

こちらはすごく暑いですが、日本はだんだん寒くなってきているのかな。

私の方は、会う人みんな親切で、ご飯もよく食べているので、今のところ元気に過ごせています^^


今はブルキナで2番目に大きなボボデゥラッソという街で、3週間の現地研修中ですが、
今日は配属先訪問で首都のワガドゥグに来ています。

やっぱり予期せぬハプニングもありますが(笑)、

“Ça va aller”
(サバアレ:なんとかなる。ブルキナべ(ブルキナファソ人)がよく使ってる言葉)

の精神で乗り切って行きたいと思います!

ブルキナの子ども達もとても可愛いので、活動を始めるのがすごく待ち遠しいところ☆



そうそう、この前マルシェ(市場)で布を買って、仕立屋に持って行って、公式の行事(外務省や大使館の行事)で着る用のブルキナの衣装を頼んできました。

こちらの人のおしゃれは、そうやって自分で選んだ布を仕立屋に持って言って、自分の好きなデザインに作ってもらって着ることみたいです。

マルシェには本当にたくさんの模様の布があって楽しいし、
仕立屋もあちらこちらにあって、値段も高くないのでうれしい限り!

普段から伝統的な服を着ている人も多くて、とても素敵☆
出来上がりが楽しみです♪

ではでは、また★
Au revoir☆

2010年10月11日月曜日

アートカフェにむけて

できることから、少しでも前に進みたい☆
そんな気持ちで今週末は、cafeアート展の準備に励みました。

っていうか、アクセと布の買いつけして絵描いたくらいだけど。
わたしにとっては、大きな前進!

いま描いてる絵は、カンボジアの湖の上で生活してるひとの家。
お店や学校もあった。移動は全部船!

描いてると、これまた色々思い出す。
カンボジアの高校生の夢は、海をみることと先生になることだった。
わたしは、彼らと過ごした一週間を、ちゃんとその後の人生に生かせてるんでしょうか?
描くことは、自問することにもなるみたいです。

"女子会"

巷で女子会という言葉がとてもブームになって久しいけど、その背景はなんだろう?
そんな話をネイリスト経営者の、ちかちゃんにふってみた木曜夜。
働きにでるようになって、コネクションを得る方法を 女性自身も求めてるんじゃないの?
そんな答えが帰ってきた。
中高と女子校だったわたしには女のコのみで集まることには何も違和感はない。
でも、新しい人脈を得られるパーティを女子のみで行おう、というのはやっぱ、ちかちゃんのいう通り、結婚相手や自分のコミュニティーの仲間以外のひとにも女性の目が向いてきてるということかも。

でも、昔は女のコ同志繋がろうとするパワーがなかったということ?
そうなのかな。よくわからぬ。
その木曜夜も実は女子会。銀座にある隠れイタリアンで、ゆみちゃん、ちかちゃん、かおりちゃんという美人三人に囲まれ出張の疲れも吹き飛びました。

ここで、男子にもわかる?カンタン女子会TOPIC解説"を。
まず、突っ込んだ際どいコイバナは必須。彼氏や好きなひとの有無は関係なくてもいろんな事例で盛り上がれちゃうのです。
それから、オシャレのはなし、美味しい料理と雰囲気も良さが加われば、無敵です♫(お酒なくてもわたしは全然いける。)

その中でちかちゃんとは、マネジメントというトピックスで話せるのが新鮮。
彼女は自分のネイルサロンをオーブンするのを夢見て、実際もうプチサロンまで動かしてる実行派。相談すると経営者としての答えが帰ってくる、貴重なお友だちです。

わたしはマネジメントなんて言うのも恥ずかしいくらいできていないし、基本的にはいつもコイバナだけして、ウキウキして帰ってます。笑
けど、こういう女子会もたまにはいいね♫継続してやっていきたいな。

2010年10月5日火曜日

LT ポーランド便ミーティング


次回のポーランド便のミーティングで、チェコ料理だあしえんかにいってきました*
東京にはポーランド料理がなく、同じ東欧のチェコ料理屋さんで代用します。
小さくて、かなり美味しいお店で二軒回ったクルーもこちらでやることを選びました。

今回は初のランチトリップ二部構成!
第二部は、アウシュビッツにいってきたタカヒロくんの感じたことをベースにワークショップを作ってます。
ハードル高いけど、頭使って面白い。
アウシュビッツでのドイツ兵の心理状態、ここまでひとを信じ込ませたヒトラーについて、そして戦争を伝えることの意義について、、
なにをテーマにするかだけでもかなり大変です。

乞うご期待!!

Apple Pie

昨晩帰ったら、祖母からダンボールが届いていました。
涼しくなると一番に秋を知らせてくれる、長野のりんご!大好き。
母いわく「わお!今年はないと思ってた。」
今年は祖父の入院もあり、無理だろうと思ってて、袋いっぱいのりんごを買ってあったとの事。

そんなわけで、わたしは夜中、思いつきでアップルパイを作ることにしました。
小分けにして作ってたら時間がかかったけど、なかなか美味しく出来た♪

意識してたわけではないけど、
5年前のわたしはちょうどアップルパイを食べてました。
9.11に留学が始まって一週間は、ホストファミリーに準備を手伝ってもらってたの。
そこで、簡単なバーベキューをして、リラックスしてた。
早く学校が始まってほしいワクワクした気持ちと、
ついに留学にきてる!という喜びをかみ締めて。
日本にはないくらい強いシナモンの味が、アメリカらしくて忘れられない。

わたしのアップルパイはあまりシナモン強くないけど、
無意識のうちにも
会社の後輩たちには「アップルパイらしい!」といってもらえました。
今夜あう人にも、喜んでもらえますように・・・

2010年10月4日月曜日

きょうちゃん出発の日

きょうちゃんが行った。
ついに、ブルキナファソに発って行った。
今頃彼女は、成田を発った飛行機ばかりで、ワクワクしてるだろう。

先週の木曜、きょうちゃんとわたし、2人の軌跡を二本の線にして、真ん中に共通の出来事をかいて、上下に個別の仕事や恋愛の動きを書いてみた。
信じられないほど、時間と志を共にした友達。
でも、わたしたちっていつも近況と今後どうしたいかを話してて、あまり過去のこと話してない。しかも、近況も直前一週間の会ってない間の出来事とか。(彼女が東京に帰ってきてる三週間で、みんなでも併せると五回あった笑)
だから、改めてこうやって二本の線にしてみると、自分が忘れてるようなこともお互い指摘しあえたりして、面白かった。

ここ二年はランチトリップの行事がやっぱり多くて、beers for books とか三菱商事でのイベントの他にも、BBQやクリスマスパーティをしたこともあった。
ラジオ出演とか、忘れられなそうなことも忘れてた。

特に二年より前の出来事の記憶力は薄い。
あの島にいったのは何年前だ、京都や北海道にいったのは学生だった、と2人が納得するまで何分かかかった。13年の歴史があるうちらだけど、数時間じゃ全然そこまで辿り着かない。笑

わたしは最高に楽しいとき、同時にいつかその記憶をなくすことを切なく思う。
留学の最後の日もそう思ってたな。
これは引越しを繰り返してきた子供時代からの癖なのかもしれなくて、でもそんなに悪いことだと思ってない。
そのときこれ以上ないほど楽しい、最高と思う時間がたくさんふえればいい気がする。
忘れるのは悲しいけど、わたしはそうやってどんどん新しいひとに出会って、新しい出来事を
増やせばいいんだ。
わたしたちがこうやって文字に今の気持ちを紡ぐことができるのは、ほんと、恵まれてる。
そう思うようにしてる!

きょうちゃん。
この六月から何度も何度も手紙を書く機会があったけど
もう一度。
あなたは最高の親友で、ライバルで、同志だと思ってます!
カンボジアやインドネシアでであった子供たちの真剣な目に動かされて、まさかほんとにブルキナファソにいくとは笑
その行動力に感服。

二年後、ランチトリップとしても、もしかしたらアーティストとしても、前進して会えるように精進?します笑

ちょっくら、いってらっしゃい♫(^○^)


きょうちゃんがわたしにくれたバースデイ動画を、のせときます*

http://www.youtube.com/watch?v=MI3yhRTsQcU&feature=youtube_gdata_player

2010年9月16日木曜日

セーヌを描く


突然ですが、わたし絵をならってます。
きっかけは、去年のインド出張。
女性がまとうサリーがほんとに印象的で、「描きたい」と思ったの。
自分の中で、絵は苦手という意識があったのに、かえって直ぐケイコと学ぶで検索。
体験にいった教室にそのまま通ってます。

とはいっても出張も多く、通えるのは月1-2回でした。
でもこの夏、基本内勤の企画部になったので、最近は書きまくり!
今は、5月にフランスにいったときに見た夕日を描いてます。
フランス語も話せない、
友達もあとから日本に来る、
セーヌ川で待ち合わせといわれてもどういけばいいのかわからない中、
どうにかたどり着いた。

アメリカ人の友人の友人がわたしを待っていて、
セーヌ川のほとりでピクニックをしてたんです。

わー!と感激して振り返ると、この景色。
夕日フェチなわたしを喜ばせるため?

描いてて「あーここ!素敵だったなー、この感動を伝えたい」と思えてきて、
楽しい。ww
仕事の疲れもふっとびます。

ここにも載せられるくらいうまく描きたいなぁ・・・・




セーヌ絵


突然ですが、わたし絵をならってます。
きっかけは、去年のインド出張。
女性がまとうサリーがほんとに印象的で、「描きたい」と思ったの。
自分の中で、絵は苦手という意識があったのに、かえって直ぐケイコと学ぶで検索。
体験にいった教室にそのまま通ってます。

とはいっても出張も多く、通えるのは月1-2回でした。
でもこの夏、基本内勤の企画部になったので、最近は書きまくり!
今は、5月にフランスにいったときに見た夕日を描いてます。
フランス語も話せない、
友達もあとから日本に来る、
セーヌ川で待ち合わせといわれてもどういけばいいのかわからない中、
どうにかたどり着いた。

アメリカ人の友人の友人がわたしを待っていて、
セーヌ川のほとりでピクニックをしてたんです。

わー!と感激して振り返ると、この景色。
夕日フェチなわたしを喜ばせるため?

描いてて「あーここ!素敵だったなー、この感動を伝えたい」と思えてきて、
楽しい。ww
仕事の疲れもふっとびます。

ここにも載せられるくらいうまく描きたいなぁ・・・・




2010年9月14日火曜日

Ginza French for Girls Lunch!



先週末は、LTスペイン便にきてくれたちかちゃんのガールズランチへ!
ちかちゃんについては昨日のBlogでも触れたとおり、帰国子女ネイリストです。
美女が20人集まる銀座フレンチ。
すってきー♪

わたしは大学の友人蘭ちゃんを連れて行きました。
蘭ちゃんは、元気で責任感が強い、素敵な外資系金融お姉さん。
実は大人数でしかあったことなかったけど、いつも面白いなあと思ってたので、
誘ってみました。
彼女のキーワードは「キラキラ星人」。
あっていきなり「あみみたいなキラキラ星人に誘われるって嬉しい」「そのおじさんがキラキラ星人でね・・・」
「あ、あのひともキラキラ星人」
と周りの人を褒めまくる彼女は、登場したときに周りの空気がスローモーションになるくらい美人なんですが。
キーワードの定義は「いかに自分の好きなことをやっているか」だそうです。

転職を控える蘭ちゃんは、次どうしようかなと考えるとき私のことを思い出してくれたそうです。
あの子は、好きなこと仕事にしてたな、って。
ものすごーく光栄。
実は、わたしも一年目、お給料も地位も高い会社で働く彼女がうらやましいと思ってたから。
彼女のmixiはいつも仕事のことでいっぱい。しかも英語でFinanceとか、とてもかっこいいんです。
簡単に言えば隣の芝は青い。でもそれだけじゃなくて、お互い刺激になる関係でい続けたいね、らんちゃん♪

美味しいシャンパンからはじまり、嬉しいデザートでしめくくり、フレンチ終了。
チカちゃんがもうすぐオープンするネイルサロンは、銀座から5分という好立地。
ってか、2週間前に「こんな場所ほしいんだよねー」といってたのに、
もうこんな素敵な場所を契約→デコレーション→プレオープンしちゃう行動力に脱帽。
ほんとに可愛い部屋でした☆
お部屋でとった写真をのせておきます!

フレンチしたレストランはこちら:オザミ・デ・ヴァン本店
http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002501/
女子会にぴったり!可愛いお店でした。


2010年9月13日月曜日

インド料理屋で、ネイルサロン経営女子ちかちゃんと

少し前のはなしですが、先々週の木曜日、スペイン便Passengerちかちゃんとご飯しました。
ちかちゃん、見かけは普通の美人なお姉さん。でも、世界に羽ばたくネイリストになりたいとのこと。
Lunch Tripにきたときにお互いプライベートの名刺を可愛く作ってるところから、
気が合う気がしてすぐにアポ。

ちかちゃんはシアトルで16年間育った帰国子女。
なのに、いわゆる「アメリカン」なかんじがあんまりしない。

18歳のとき日本でネイルアートをして直ぐネイリストになると決め、
それから大学でビジネス・夜はネイル学校というハードスケジュールをこなしてたみたい。
アメリカの大学でのダブルスクールは、大変だったと思うけどそんなこと一言もいってなかった。
興味があるのは、そのネイルサロンをどう差別化するか。
いいサービスも必要だけど、人を集める仕組みも必要。
マーケティングを勉強し始めたばかりのわたしにとって、
コンサル業界で寝ないで働いていた彼女話は、とっても面白かった。
ちなみに、わたしはネイルにあんまり興味がない。
「ファッションやメイクは好きなのに、なんで?裸に見えるんだけど。」
といわれても、一回1万円は高いなと思ってしまう^^;
わたしだったら旅資金に使うなーとw
もし、ネイルしてもらいながら素敵なコミュニティと繋がることができたりしたら、
もっと頻繁にいくかもなぁと思う。

それにしても。
わたしがLT法人化といっているのと彼女がネイルサロンを開く、といってるのは
ちょっと始まりが違うなと思った・・・。
彼女の場合は、とにかく「自分でビジネスを動かしたい」
私の場合は、「こんな社会にしたい」
ほんとは、彼女みたいな思いのほうがビジネスとしては成り立つのかも?

彼女は会う人全てに「わたし、起業します」といってるらしい。
わたしは、LT法人化といってもまだNPO化なのかビジネス化もわからないし、
信用できるひとにしか言ってない。
でも、夢をかなえるには言葉にするのが大事だ、と彼女から学んだ。
ほんとそうだよね☆

自分の中でハッキリしている部分は、人に伝えることが出来る。
でも、もやもやしている部分って、なんだか伝えるのが難しくて、もどかしくて。
つっこまれるのもわかってるし、、、。
それでも、やっぱり少しでも口から出していこう。


面白い女の子に会えた出会いに感謝☆
多分一緒になにかクリエイティブなことが出来そうな子です。

食べろぐで4点を超えるというお店はここ;
サンサール新宿店 03-3354-8553
新宿区新宿6-13-8
インド人スタッフがみな最高の笑顔で迎えてくれます!

2010年9月12日日曜日

夏休み!@スペイン

スペイン便の直後に、スペインに行ってきました!

☆期間
5泊7日

☆飛行機、ホテル
9/4夜バルセロナ着(アエロフロート航空でモスクワ経由)
9/9昼マドリード発(同じく、モスクワ経由)
航空券のみ購入して、ホテルはBOOKING.COMを利用して予約。
BOOKING.COMはiphoneアプリがあって、予約がとっても簡単!
航空券は13万円ほど。

☆メインで行った場所
バルセロナ
・ダリ美術館 ダリワールド!
・サグラダ・ファミリア、グエル公園 ガウディ作品!
・カタルーニャ音楽堂 世界遺産!
マドリード
・ソフィア王妃芸術センター

☆感想
・とにかく賑やか!
 バルセロナにメインで滞在していましたが、中心部は深夜まで賑わっていました。ライブやコンサートも21時スタートのものが多いのにもびっくりです。
・有名な観光地
 観光客はとにかく多かったですが、サグラダ・ファミリアやグエル公園とか見てよかった!!素晴らしかった!
・食
日本のスペイン料理レストランと同じく平均的に高かったです。でもパエリアやパスタ、魚介類はとても美味!


見足りないので、もう一度いきたいです!
写真をいくつか!

グエル公園からの景色。バルセロナを見渡せて、とても素敵です。



サグラダ・ファミリアはほんとに建設まっただ中!高いところで作業する人たちも。


パエリア!魚介類がたくさん入っていました。地域やレストランによって全然味が違う!

2010年9月10日金曜日

駒ヶ根の夏

昨日、7月7日〜9日9日までの22年度2次隊の派遣前訓練が終わって東京に帰ってきました。(ぞろ目だらけ!)

二か月ぶりの満員電車、テレビやクーラーに少し逆カルチャーショックを受けていますw


駒ヶ根訓練所の周りは田んぼや山ばかりで何もないけど、晴れた日は星がすごくきれいで、のどかで良い所でした。

星を眺めながら、
仲間と語り合ったり、歌ったり、なんだかすごく青春だったなぁ☆

終わってみるとあっという間の2ヵ月。

出身も年齢も派遣国もバラバラだけど、素敵な仲間がたくさんできて本当によかったです。


駒ヶ根の夏はずっと忘れません。


また二年後、みんなが無事に戻って、元気に再会できますように☆★

あっ出発日が9月末ではなく10月頭になりました!

それまでにいろいろ準備しなくちゃ〜
フランス語忘れないようにしなくちゃ〜


とりあえず今からアリエッティ見てきますっ

2010年9月9日木曜日

インタビュー

日曜日夕方、ライターであるPassenger新江ちゃんのインタビューをうけました。
新江ちゃんはとっても聞き上手。
どうしてLTをはじめることになったのか、ということを私も気づかなかったことも上手に引き出してくれました。
言葉がするすると出てきて、2時間半あっという間だった。

話しながらでてきたんだけど、わたしがLTをはじめるまでにはいくつかのキッカケが積み重なってたんだな。
①高校生から二十歳まで感じていた自分のコンプレックス
②奨学金応募の論文で、「50歳のときの自分」をイメージするようになった。このときに今のLTのコンセプト生まれる。
③留学中に感じた「日本人」のイメージと固定概念→手巻き寿司パーティを何度か開催
④卒業パーティで「友人の友達は友人!素敵な友人同士がつながる場がほしい」と実感。

などなど。
そこに欠かせなかったのが、ぴったりな友人との出会い。
私が一人でやったら、こんなにシステム化できなかったのは明白。
考えに共感してくれるだけではなく、二人が具体的に動かしていったかんじ。

NPO法人カタリバで鍛えた「プロジェクト仕切り力」のあるなほ。
もともと旅友で、考えを共有することが出来、また細かい作業で縁の下の力もちをしてくれるきょうちゃん。
最初2ヶ月はとにかくコンセプトや理念を決め、システムを決めていったから、2年間続いてるんだと思います。

そして昨年まさが増え、たくやくんが増え、、ミーティングは少しだけロジカルになりました。
そんな話をしていたら、時間がたつのが早かった。

新江ちゃんの「女の子を元気にしちゃう記事」がほんとに楽しみ。
うまくいけば、Passengerゆきちゃんも働いている「宣伝会議」に載れるそうです;)!!


ちなみにお茶をしたカフェは 麻布十番にある「縁縁」。
絵を飾るカフェがないかと探していたら、ラトビア人の知り合いにお勧めされました。

洞窟の中みたいな面白い可愛いカフェだったー!
オーナーさんにも話してきて、来週絵をみせに行きます。
来年頭、ここにわたしの絵が飾られると思ったら、ウキウキしてきた♪
そのときはパーティライター新江ちゃんの力も借りて、アートパーティする予定です。

2010年9月3日金曜日

スペイン便レポート FROM まさ

今回Guide of Guideとして活躍したマサ君がレポートを書いてくれました!
*Guide of guideとは、プレゼンをする約Guide(今回は片岡さん)のさらなる案内人として
LTcrewをひっぱる立場にあります。
プロジェクトマネジャー的な役割です。

***********************************************
皆さんこんにちは☆
マサです!今週は金曜日休みだったので、久々にゴルフにいってきました。ゴルフやるかたはぜひ連絡くださいねw
さて、先日行われた
スペイン便
の報告です☆
■店:エスパーニャ@新宿(南口から甲州街道をワシントンホテル側に5分程度歩いた左側の2回の店)
   こじんまりとアットホームな感じの店。店主もスペイン人の自由な気質を引き継いだせいかちょっと変わってて、それ   
   が非常にスペインの雰囲気をだしていましたw
■ガイド:片岡さん
     大手コンサル・就職活動団体・医療系・ファンドそして「恋愛」がキーワードとかなり面白い人です
     スペインには学生時代に友人と旅行に行ったそうです。
■テーマ:トマト祭りと働き方
初めに注意ですが、特にトマト祭りで働くというテーマではないですw
今回は片岡さんがなかなか行かない「トマト祭り」に参加されたとのことで①トマト祭りの実況レポートと②シエスタ(昼休み)を3時間以上とるスペイン人と昼休み1時間で激務をこなす日本人の働き方を比較することによって自分の働き方を考えるということをしました。
■「トマト祭り」
  普段は1万人しかいない町にトマト祭りの日には、な・ん・と…「4万人」も集まります。
  そして、トマト祭りの最中にはトマトが空中を駆け巡り、トマトが無くなると「Tシャツ」「サンダル」「下着(?)」が飛来し   
  てくるらしい。一種の戦争ですねこれはw 平和ボケしている人・刺激が欲しい人には是非お勧めです!!!!
■「スペイン人と日本人の働き方の比較」
  ☆★ここから先を読むとたぶん忙しい皆さんは転職を考えてしまうと思うので悪しからず☆★
  スペイン人は…
    1日に仕事を抜け出し5回カフェに行きお茶するらしい
    1日にシエスタという昼休みが3時間程度あるらしい
    この仕事のスタイルで給料をもらっているらしい
  日本人は…(passengerのアンケートより)
    夜通し仕事をして、朝会社から帰る時にスタバによると「いってらっしゃい」と声かけるらしい
    仕事は毎日7時半~夜10時までらしい
    有給って…what?
  今回は上記の様にそれぞれの国での働き方を比較し、それぞれにとっての仕事の人生での意味や働き方について考えてもらいました。
■その他
 今回も非常に色々な業種の方に参加して頂きました。旅というひとつのことから広がる出会いは最高ですね★

2010年9月2日木曜日

LTスペイン便☆写真☆

もう9月ですが、暑い日が続きますね!

遅くなりましたが、8/22のLTスペイン便の写真をアップします!

2010年8月30日月曜日

はせがわきょうこ@長野県駒ヶ根JICA研修所 

2週間前の夏休み。
Crew休業中の長谷川恭子に会いました。
JICA青年海外協力隊の研修所がある長野県駒ヶ根市で。

きょうちゃんは相変わらず とても元気。
フランス語授業はレベル別で、なんとなんと10クラスのうち上から2番目だそうです。
ひとり勉強したことがないはずなのに、脅威の長谷川恭子 笑
わたしは高校のときから何度もこの驚き経験をしていますが。

やっぱりご当地ものが食べたいわたしたち。
駒ヶ根はソースカツを売りにしていて、小さい商店街に何件もソースカツの店があります。
おいしかったー
きょうちゃんの笑顔がまぶしい!

JICAの研修所にもつれていってもらいました。
隊員予備軍のかたがたは、みな体力ありそうで、元気かつフレンドリー^^。
東京から遊びに来たというと驚いて話しかけてくれました。
勉強で大変な中、肝試しとかもしていて、なんだか合宿みたいで楽しそう;)
これからの環境の変化が不安になるのが普通な気がするけど、
志望してうかってここにいるんだもん、もう全身でウキウキ!という感じがしました。

なかには体育館やピアノがあったり、協力隊の唄があったりして、まるで学校でした。
いたるところに張ってあるのは、JICA協力隊の写真。
2年後にはきょうちゃんもブルキナファソの子供と笑顔でのっているのでしょう。楽しみね☆

たった1.5ヶ月あっていなかっただけだけど、
Crewとして、親友として毎週あっていたのでとっても久しぶりに感じた。
帰ってきて、やっぱり2年後の長谷川恭子に負けないように
わたしもLunchTripも成長していようと心に決めました。

2010年8月21日土曜日

明日はLUNCH TRIPスペイン便! 詳細

明日はLUNCH TRIPスペイン便です。なんと、この8月でLUNCH TRIPも3年目突入です。
早いものですね!


参加される方はお待ちしてます♪

【Lunch Trip 013 スペイン便詳細】 祝☆3年目突入☆
集合: 8月 22 日(SUN) 13:45
集合場所 新宿南口小田急改札前(エルミロードエレベーター前)
レストラン:Espana 03-3379-1159
http://r.gnavi.co.jp/a335700/
ガイド:片岡さん
旅費:3000円
搭乗準備:
Lunch Tripをただの「旅好きな人のランチパーティ」ではなく、「その国について学べるパーティ」とするために、その国のあるテーマを本やニュースで旅の下調べして頂くことをお願いしています。
今回のテーマは、「スペイン不況の理由を話せるようになる」または「スペインの芸術家 お気に入りをひとり紹介する」のどちらかです。
経済と芸術、どちらでも調べたいほうで構いません。
ランチトリップでお伝えできる情報は多くありませんし、ガイドは一人です。せっかくのチャンス、ご自身でスペインについて1つでも調べてきませんか☆どんなことでも-かまいません。
海外の目に見えない生活に"思いを馳せる"。その一環としてランチトリップを捉えていただければ嬉しいです。

2010年8月11日水曜日

HOTTEST金沢TRIP!

高校の友人みっきーと、一泊二日金沢の旅に来ています。
北陸は初めてで、涼しいのかと思っていましたがそんなこと全然ないね^^;

金沢の印象を一言でいうなら、上品!
声が大きくてうるさい人とか、見てない。たまたまかもしれませんが。
金沢は北陸有数の都会だと思うのですが、土地にもゆったりした感覚がある気がします。

今回面白かったのは、妙立寺。通称忍者寺といわれる、仕掛けのたくさんあるお寺です。
江戸時代、徳川家は「2階建て以上の建物を建ててはいけない」というルールがあったので
外見からは2階建て。
でも、中は4階建て7層、27部屋とある面白いお寺です。
賽銭箱が落とし穴になっていたり、階段が障子でできていて、敵が来るのがわかるようになっていたり。
扉をあけるとそこは地下へ続く秘密の通路だったり・・・
仕掛けがいっぱいで、面白い!!
40分ほどの説明、飽きることなく聞き入りました。
ひとりで回ると絶対迷路になるつくりです。
このお寺には、加賀の前田家が歴代通っていたらしいです。
住職さんは、各時代の前田家殿様の相談役だったそう。
で、もしも前田家が徳川に攻められることになったらここへ逃げ込んで戦えるようにしてあったんだって。

それから、「ひがし茶屋」もきれいだったー。
これは江戸時代中流以上の武士だけが通ることを許された街。
とっても風流・・・・
ここを歩くとウキウキしつつもなんだか落ち着きました。
朝顔のすだれがあったり、とっても素敵だった!

魚料理の「いたる」は、みっきぃの友人であるNHKアナウンサー@金沢のお勧め。
地元の人にも愛されているみたいで、とっても魚がおいしかったー くぅ。

本日はななんと金沢最高気温の37度です。ふー高い!
まず兼六園へ。池と緑が丁寧に配置されていて、とても手入れしてあるきれいなお寺です。
金沢全貌が見渡せる風景にも脱帽・・・
後楽園はいったことあるけど、偕楽園はまだ。日本三大庭園制覇まであとひとつ!

そして、おひるは会席料理をたべました。おいしい♪リッチな雰囲気。
金沢の名物治部煮は、「じぶじぶ煮る」という言葉からできているらしい。

今回13年間の友人、みっきいとは、10年も学校が一緒だったからなのか、お腹すく/眠い/喉かわく/お手洗いのタイミングがすべて同じで、笑えるほどでした。
やはり、旅は一緒にいる人との時間が長いので、こんなことも楽しさに影響してくるのかもしれないです☆

ではでは、みっきいもお土産買い終わったみたいなので、
夜ごはんにいってきますー!



金沢で和菓子つくったんだょー!
オーストリア人のホストシスターが、可愛くて食べれないってしまってくれました。
でも、腐るよー笑

2010年8月9日月曜日

旅は夢になる


この題名はかなり壮大です。
でも、この題名の6文字は、最近気付いたことなの。
 
今、わたしの祖父は長野で入院しています。病名は骨髄癌 他、さまざまな様です。
余命2カ月と言われたけど、何度も危機を乗り越えてまだ頑張っていてくれてます。
 
最初におじいちゃんのお見舞いにいった帰りに家族に送ったメールがこれ。
 
「私が部屋に着くと、おじいちゃんは泣いた。姿をみて、あたしも、泣いた。
こんな病院で横になって歩けないおじいちゃんは想像つかなかった。
でもそのあといろんな話ができたよ。
いつもあんな無口なのに、おばあちゃんとの馴れ初めから、はじめて海にいったときの話まで。
”あみは国際人だな”って嬉しそうにいってた。
いつのまにか旅行の話になった。おじいちゃんも”わしも旅行が好きだなぁー。”と。
あと行きたいところは三陸海岸にいきたいっていってた。」
 
生まれてこの方、まさか祖父と同じ趣味をもってるとは知らなかった。
私がLunchTripを始めたのも、もしかしたら祖父の地だと思うと、嬉しい。
風景をIphoneでみせたら、すごいなー綺麗だなって喜んでたんです。
  
その、約3週間後。
毎週末3時間かけて病院に通う父からのメールに、嬉しいことが書いてありました。
 
「当地ようやく晴れた。今週は腰痛なく、よく眠れると。
(おじいさんが昨晩考えた夢は亜美と友美(妹)と三陸リアス海岸にいくことだって。
グリーン車で北陸から回って、青函トンネル通ってからリアス海岸に行きたいということでした。
前回亜美とリアス海岸の事話したんだね?
昨日報告した通り、饒舌だったな。おばあちゃんと口ケンカ出来る位。といって、予約はまだまだ不要だよ。」
 
このあと、祖父はかなり大きな手術を受け、意識がもうろうとし、
父や祖母のこともわからなくなったそうです。
今は少しは覚醒してきてるけど、話せるほどではないみたい。
 
でも、私は祖父のおかげで新たな夢ができました。
もちろん、「おじいちゃんと、三陸海岸にいく」こと。
それは、エジプトにいくとか、ペルーにいくとか、モロッコやブルキナファソにいく、というのと同じくらい私にとっては大きくてウキウキする叶えたい夢です。
 
昔のように「ハワイに行きたい!」といって3年間くらい働いてハワイへいく・・・という人は、もう少ないのではないでしょうか?
実際わたしも、一週間前に思いつきと勢いで飛行機をとったことが何度もあります。
昔のように「旅=夢」という公式が成立しなくなっているかもしれない。
 
週末おじいちゃんには、大きく印刷した三陸海岸の写真を持っていこうと思います。
わたしのことを思い出せなくても、これをみて何か感じてくれることがあればと思います。
 
みなさま。良い夏を!

オーストリア人、ギャルになる


きのうから、うちにオーストリア人のカタリナという女のコが一週間ホー
ムステイしにきています。

今日はマルキューへ連れてきました。
店員さんのいらっしゃいませー、の声に驚くカタリナ。
たしかに!当たり前になってたけど、他の国には確かにないよね!
鳥みたい!と喜んでました笑
あと、ギャル男にもびっくらしてた。

店員さんとの会話の中で、折角なので日本で最新の格好をさせてください
といったら、こんなことになっちゃいました!きゃーーーーーーー


ちゃんとあとで消します。笑


2010年8月3日火曜日

新しい部署へ

昨日から新しい部署に異動になりました。
昨日は色々圧倒されて終わった、、、笑
挨拶回りで、こんなにいろんな部署と関わるのかぁ!とおどろき。
貿易、会計、物流、マーケティング、受注業務すべての知識をつけるものすごい研修が明日から始まるー!
忙しくなりそぉです。
だけど、ビジネスアイディアどんどん考える場所だし面白そう(^○^)
いきなり主幹のプロジェクトがあったり、部長も
副部長もめっちゃ任せてくれる☆
前の部署のひとから感動のメールが届いたときには涙でそうになったけど、元気な姿で企画していくのが恩返しになると思ってがんばります♪♪
写真は、前の部署へ御礼に作ったミニミニチーズケーキ☆

2010年7月25日日曜日

デザインしたバッグ完成ー(^○^)

PASSENGERでもあるお友達えりかちゃんが、誕生日にあみのデザインしたバッグがほしい、といってくれたのが2ヶ月前。
ショッピングにいっしょにいって素材、カタチなどの好みをはっきりさせたり、用途を考えたり。
わたしの最初に考えた案はとことん断られたり笑
お気に入りの裏地がなくて、取引先にエリカの家まで送ってもらったり。

何度も何度もミーティングを重ね,ちゃんと誕生日前に出来上がったバッグは、可愛くて仕方ないね☆

そんなドタバタを通しても、楽しかった!
エリカ、ありがとねー!!

みなさまも、日常に、旅行にオリジナルバッグを作りたいと思ったら声をかけてね(^○^)

ちなみに御値段は、本革・フルオーダーで大体1万前後でできます☆

2010年7月21日水曜日

さらば☆旅と服のお仕事 

大変私事になりますが・・・

昨日夕方、急に異動の内示があったんです。
海外にたくさん出張いけて洋服に関われるこの部署だからこの会社にしたのにー
むしろ、この部署でなければ入社しませんと面接でいってました。
なんて生意気だろう!
でも、それくらいやりたいことが最初から出来たのは、幸せなことだったんだなと思った。
旅しながら仕事する。その国のことを学ぶ。服のことも学ぶ。
そんな好きなことと仕事を結び付けられてたんです。

部長から発せられる言葉が異動だとわかった瞬間、会社やめる?と思った。

これからやる仕事としては、事業企画部。新しい部署らしい。
といっても新規事業を企画するのではなく、事業の方向性やビジョンを企画し、各海外販社の問題点を吸い上げて方向つけていくそうです。
他者から来たお偉いさんが部長+元縫製研(今の部署)の偉い副部長 そして私というなんともな光景になりそう。3人だけって!
今は、若い先輩と後輩に囲まれて、上に課長と部長がどんって感じだから、この光景は変です。
経営会議で二回通訳やったから、それで事業部長から話があったらしく、かなりの抜擢だょって部長課長にいわれるけど、全然嬉しくないー
ほんとは、もっと今年、この部署の仕事で結果を残してからが良かった。

きょうちゃんに電話したら、こういわれました。
「もう一度何が理想なのか考えるいいキッカケかもしれないよ。理想は、時と共に変わるしね☆」
彼女らしい答えに、大納得。

今が人生動く時期って捉えるしかないかな☆
むしろ動かしてみたい!

わたしは、今もともと言っていた教師の夢よりも、新しいことをビジネスにしてみたいって気持ちが大きい!
LunchTripはもちろん、いま趣味でやってるカバンデザインや通訳案内士や、形になっていない未知のものを作ってみたい。
やっぱ、結婚して子供ができたら、体力的にも時間的にも0⇒1をつくりあげるのって難しい気がする。子育てはちゃんと楽しみたいし♪
その意味で、この新しい部署に抜擢されたのはよかったのかも?

とにかく「8月1日で部署変更」という事実はひとつだしね。
ま、それがどんな意味を指そうともわたしはポジティブに捉えようと思います。
決算とかビジネスとかについて無知なので、しっかり勉強してきます。


あ、ちなみに、さっき新部長から「海外出張、結構あるよ!」といわれました。
やったー!


--
Ami Matsuzawa
www.lunch-trip.com
"Travel the world by going to lunch!"

2010年7月15日木曜日

サプライズパーティ写真

いまさらながらですが、きょうこサプライズ(≧あみ誕生日)パーティの写真をのせます。
みんなの民族衣装コスプレをぜひお楽しみあれー♪




サプライズパーティ

2010年7月14日水曜日

訓練開始

長野県駒ヶ根のJICAのTraining Center(KTC)に入所してから、一週間が経ちました。

フランス語のレッスンに、国際協力についての講義やワクチン接種など、盛りだくさんな日々ですが、なんとか元気に過ごしています♪

朝の朝礼、体操から始まる規則正しい生活にも、だいぶ慣れてきました^^


語学の授業中はフランス語のみで、ついていくだけでいっぱいいっぱいな感じですが、
こんなに集中して語学を学べる機会ももうないかもしれないので、
精一杯頑張って、少しでもフランス語を話せるようになれたら、と思います!

世界における日本のODAについて、その中のJICAや協力隊の位置付けについて等の講義も、とても勉強になっています。

駒ヶ根訓練所には、約150名の青年海外協力隊員と約80名のシニア海外ボランティアの方がいます。

派遣先はアフリカ以外にもアジアや南米、オセアニアなど様々で、
皆さんそれぞれ色々な技術や個性を持っている人ばかりで、本当に面白いです☆

私は課業をこなすだけでもぐったりなのに、朝の5時半から外を走っているシニアの方もいて、びっくり!尊敬です☆


二か月間の訓練生活、
たくさん勉強して、たくさん人と関わって、
めいっぱいいろいろなことを吸収できたら、と思います^^


それでは、また☆
Bonne nuit★

2010年7月3日土曜日

ケアンズ一人旅

6月26日~30日まで、
最後のニート時間を満喫しに、
大自然を撮りに、
オーストラリアケアンズに行ってきました^^


ケアンズはとても小さな街ですが、2つの世界遺産を楽しめる街です。

一つは世界最大の珊瑚礁グレート・バリア・リーフ。
もう一つは世界最古の熱帯雨林。


26日の夜成田を出て、27日の早朝ケアンズに着いてから、
まずはそのまま船に乗って珊瑚礁でできた島グリーン島へ。

送信者 CAIRNS


ケアンズから高速船で45分ほどで着いたその島は、ザ・楽園。

うっとりするほどの綺麗な青い海。
濃い青、薄い青、いろいろな青でできた美しい模様。

寝不足も忘れて、その綺麗な景色の写真を撮るのに夢中になっていました。

ひととおり島を回ってベンチでひとやすみしていると、隣にいた韓国の男の子&中国の女の子カップルとひょんな会話で盛り上がり、
一緒に海で遊んだり、すっかり仲良しに(笑)

旅のこういう出会いってうれしいですね。
アジア人に出会うとなんだか親近感でした。

夕方の船でケアンズに戻り、ホテルにチェックインすると、寝不足と疲れですぐにバタンと寝てしまいましたzzZ


次の朝目覚めると8時40分・・・えぇーーーー!!

二日目はキュランダ行きの列車を取っていて、ひきかえ券には9時ケアンズ駅と書いてある。
しかもこの券、窓口に行って席を取らないと乗れないらしい;

ホテルを飛び出て、慌てて駅に向かってダッシュ!
そのおかげでなんとか50分過ぎに窓口に到着する。ミラクル☆

しかし時刻表に9時発の列車はなく、出てきた切符も9時半発・・・?
ひきかえ券の時間が早めに書いてあったみたい(笑)

なんだぁ~余裕だった♪と心の中で少し調子に乗りましたが、朝からものすごい焦りました;
旅先で寝坊って怖いですね。

さて、列車が動き出す。
実は海外で列車に乗るのは初めてなので、朝の焦りはどこへやら、世界の車窓から気分でもうウキウキです♪

向かいは陽気なご夫婦で、滝やモニュメントなどシャッターチャンスが近づいたり、良い景色が見える度に、
私に教えてくれました^^

送信者 CAIRNS


ケアンズから2時間ほど、列車からの熱帯雨林や渓谷などの絶景を楽しむと、キュランダ村に到着する。

マーケットを散策していると、コアラの看板のミニ動物園を発見!
オーストラリアに来たんだし、コアラ、見なくちゃ!と入ってみました。
コアラを間近で見れて、カンガルーやワラビーも触れて、満足満足♪

次にオーストラリア蝶保護区に行ってみる。
園内には1500匹以上の地元に生息する色とりどりの蝶が飛び交っていて、まるでおとぎ話の中にいるみたい。

そういえば列車からも何度か青や黄色の綺麗な蝶を目にしました。
地元ではユリシーズという青い羽の蝶を見ると、幸せになれるという言い伝えがあるそうです。

キュランダ観光も満喫してケアンズに戻ってきました。


そして三日目は、デインツリー国立公園にあるモスマン渓谷と、ポートダグラスというリゾートタウンに行ってきました。

まずはマスモン渓谷での熱帯雨林散策。
この旅ではじめて日本語ツアーに参加しました。

日本人ガイドさんの説明を聞きながら、1億数千年前から続いているとされる世界最古の森の散策を楽しみました。
途中、レインフォレストドラゴンいうトカゲを発見☆
や~オーストラリアにはいろんな生き物がいて面白いですね!

渓谷では、水遊びも楽しめます。
水も綺麗で涼しくて気持ちよく、魚もたくさんいました。

ポートダグラスでは、海を見つつハンバーガーやアイスの食べ歩きを楽しんだり、
展望台にのぼって写真を撮ったり、
そこから見えたビーチに行って音楽を聴きながらぼーっとしたり、
マイペースに過ごしてきました♪

送信者 CAIRNS


ケアンズではたくさんの日本人を見かけましたが、ポートダグラスではほとんど見かけなかったです。

ここの海も不思議なほど青く、とても綺麗でした。


そして最終日、朝港の近くのカフェでエッグベネディクト(地元のクッキング番組でてきて食べたくなったので)を食べて、港をゆっくり散策してから、お昼過ぎの便で帰ってきました☆

送信者 CAIRNS


なか3日半の5日間、あっという間でしたが、たくさん写真も撮って楽しめて大満足^^

オーストラリアの大自然は素晴らしいですね。
次回はもっと長期で滞在できたら、なんて夢も広がりました(笑)


十分すぎるくらい充電もしたので、これからの訓練生活頑張りたいと思います!
そして、ブルキナファソにこの旅で撮った写真も、持って行きたいと思います♪

2010年6月29日火曜日

ありがとうございました:Ami's B-day≦Kyoko's Surprise Party!

金曜日は、恭子ドッキリ便の"ご搭乗"いただいたかた、ありがとうございました。

サプライズ、成功してよかったです!!
レーさんのアナウンスにはじまり、綿引さんが編集してくれたサプライズムービー上映、きょうちゃんが三菱商事イベント前に作ったLTムービー上映、Xantheさんリードウクレレでのしまんちゅの宝 合唱・・・
どれも、うまくいったのはみなさまのお陰です。
 
翌日きょうちゃんがこのイベントについて書いたBlogもご覧下さい!
 
写真をとってくださった方々へ
以下のアドレスへ、写真を送付くださると、アルバムに入ります。
メールの件名を
サプライズパーティ
にしていただくと、きちんとこのアルバムに入ります!

メール送付して、アルバムにはいったかを確認するには、
http://picasaweb.google.com/lunch.tripをご覧下さい。
来週頭に、ブログにも載せるつもりです。
 
私の誕生日パーティーは「フリ」だったにも関わらず、素敵なプレゼントをありがとうございました。
お花や置物は全てその日のうちに飾り、入浴剤やボディクリームも使ってます!チョコやケーキやクッキーも美味しかった!
何よりも,1週間前アナウンスしたばかりなのに40人以上集まってくれたことが嬉しいです。ほんとにありがとう^^
 
わたしとなほにとっては、今月は3回目のパーティ準備でした。
三菱商事、タイ便、そして今回のサプライズ。
どれも気を抜きたくない、大切なイベント!
ずっと走ってきた気がします。
だから今週はやっと休憩、、、。なほ、そしてきょうちゃん、ほんとお疲れ様=3

きょうちゃんとの思い出は語りつくせませんが、ほんわかしているのに、「ぶれない、芯が強い」彼女を誇りに思います!長野でもブルキナファソでもがんばれー☆
そんな彼女は今オーストラリア一人旅中。
出発直前までちょー行動的!w
 
二年後の長谷川恭子に負けないように、わたしもLTも成長したいです。
Lunch Tripに少しでも力を貸してくださる!一緒にやりたい!というかた、ぜひぜひ♪
 
みなさまありがとうございました。
 
Lunch Trip Crew
Ami
 

2010年6月28日月曜日

タイ便写真☆

先日の6月20日にありました、タイ便の写真アップします☆☆

2010年6月26日土曜日

本当にありがとうございました

こんばんは、はせがわです^^

昨日は我らがあみちゃんのbirth day partyが渋谷のpink cowでありました☆

民族衣装を着ようということで、
あみちゃんや鄭ちゃんと私はチャイナドレスを着たり、浴衣やエジプトの民族衣装や、ターバンを巻いた方もいて、
あみちゃんらしい楽しい会だなぁとすっかり楽しんでいたら、

突然私のサプライズ送別会が始まり、本当に驚き感動しました!!

今までのランチトリップの写真のムービーも、ウクレレの歌も、
crewのみんなからの言葉も、すごくすごくうれしかったです。


私とあみちゃんは中学高校と一緒の仲の良い友人だったわけですが、
二年前、「ランチで旅する会を一緒に作らないか」とあみちゃんに誘われ、あみちゃんの友人だったなぁほに出会え、ランチトリップの活動が始まりました。

そして、ランチトリップでこんなにたくさんの素敵な人たちと出会えました。


ランチトリップをやって、みんなと会えて本当によかった。
そう改めて心から思いました。

そんな素敵なパーティーを開いてくれて、
あみちゃん、なぁほ、まさ、たくやくん、綿引さん、レーさん、鄭ちゃん、本当にありがとうございました。

そして来てくれてた皆さん、本当にありがとうございました。


たくさんの勇気とやる気をもらいました!
これを励みにまずは長野での語学訓練とブルキナファソでの活動を頑張りたいと思います^^

二年後のブルキナファソ便を楽しみにしていて下さい♪♪


では今から訓練前の最後の自由時間でオーストラリアに行ってきます!
ブルキナファソには海がないので、海の写真を持って行きたくて。
たくさん素敵な海の写真を撮ってきたいと思います☆

タイ便レポート

サワッディー♪(タイ語のこんにちは)
先週の日曜はランチトリップタイ便でしたね!

28名のpassenger&crewの今回の旅先は、
中目黒にある人気タイ料理レストラン「イムアロイ」。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13010680/

スパイシーで美味しいタイ料理を食べつつ、旅などで訪れたbest placeについてそれぞれ話して自己紹介をしたり、まずは楽しく歓談。

そして今回の宿題、「タイの現政権支持派とタクシン元首相派の対立のニュースについて」。
歓談中、それぞれ調べてきて頂いたことや知ってる知識を、周りにいる皆さんと共有してもらいました。
対立の原因・背景についてまで、調べてきて頂きありがとうございました^^


そして、タイ式マッサージの資格をとってしまうほどのタイ通、かじかじが、今回のguideをしてくれました。
旅先ラブや急流のイカダ下り、どしゃぶりの中バイクで行った寺院など、聞いていてわくわくドキドキする素敵なプレゼンでしたね!
かじかじの
「タイが大好き!」
という思いがすごく伝わってきました^^


素敵なプレゼンをかじかじどうもありがとう!

写真は後日アップするのでお楽しみに☆

2010年6月18日金曜日

福岡&長崎

先週末、両親と福岡&長崎に行ってきました☆

ふと思い立って、「旅行おごってあげる!どこがいい?」と両親に聞くと、「福岡!!」と母。

昔転勤で2年間福岡に住んでいて、27年ぶりに行ってみたいとのこと。
私を妊娠中に東京に越したって話だから、私も胎児時代は福岡にいたって思うと、ルーツ辿り気分で私もウキウキ♪
生まれてからは初の九州ですっ

しかし、父は仕事もあるから土・日で1泊2日。
福岡近辺を少し回れればいいかな~と思っていたら、行く途中母が、

「この前テレビでね、長崎のグラバー園で福山さんが龍馬のインタビュー受けてから、そこ行ってみたいの!」と言い出す(笑)

1日目は急きょ福岡空港へ着いてすぐ長崎へ行くことに;
「長崎って福岡から日帰り無理なんじゃ・・・」と思ったら、車で片道2時間弱くらいでした。

グラバー園や亀山社中跡、平和公園に行って、お刺身を食べて、長崎を満喫。
長崎は坂は多いけど、異国情緒が漂う素敵な街ですね☆

送信者 福岡&長崎



2日目は、両親が27年前に住んでいたという福岡大宰府へ。
もうないだろうけど、当時住んでいた建物の場所に行ってみよう!と行ってみると、

まさか・・・・あった!!!
周りの風景は畑だったところにマンションがたくさん建って変わったものの、
その建物はほぼ当時のまんまだそうで、一階にあったという美容院も健在。

当時赤ちゃんだった兄に洋服をくれた近所のおばちゃんも元気で覚えていてくれたり、
赤ちゃんを見によく遊びに来た小学生がお父さんになって赤ちゃんを連れていたり、

時間とともに変わったものもあれば、
時間が経っても変わらないものもある。

生まれてなかったけど、なんだかなつかしいような、不思議な場所でした☆


大宰府天満宮で梅が枝餅を食べて、昔両親が何度か行ったという温泉に入って帰ってきました。

1泊2日、短いけれども濃い旅でした。
アフリカに行く前に、両親ともいい思い出ができてよかったです♪

送信者 福岡&長崎

2010年6月6日日曜日

晴の原宿

今日はともだちのバッグデザインを相談andアイディア作成するひ
誰かのためのデザインってほんとしてみたかったことだから、このステキなチャンスをくれたえりかにかんしゃ〓

Lunch Trip タイ便のお知らせ

Dear Lunch Trip Passengers,

こんばんは、お疲れ様です☆
ついに6月ですね!日中は暑くなってきましたが、夜はまだ涼しいですね^^

6月20日のタイ便の詳細が決まりましたので、お知らせします。


�【Lunch Trip タイ便詳細】

日程:6月20日(日)

集合:12時15分 中目黒駅前バスターミナル前(改札右すぐ)

レストラン:イム アロイ http://r.tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13010680/

旅費:2200円
 
ガイド:タイを愛してやまないタイ通イケメン、かじかじ!


*搭乗準備:
Lunch Tripをただの「旅好きな人のランチパーティ」ではなく、「その国について学べるパーティ」とするための前回からの新制度☆
Lunch Tripではその国のあるテーマを調べてきて頂くことをお願いしています。

今回のテーマは、最近テレビや新聞を賑わせている「タイのニュースについて」です。現政権支持派とタクシン元首相派の対立の原因・背景には何があるのでしょう?
歓談中、このテーマについて各テーブルでお話しして頂き、情報を共有して頂きたいと思います☆
Lunch Tripでお伝えできる情報は多くありませんし、ガイドは一人です。せっかくのチャンス、ご自身でついて1つでも調べてきませんか☆どんなことでも構いません。
海外の目に見えない生活に"思いを馳せる"。その一環としてLunch Tripを捉えていただければ嬉しいです。

申しこみ:lunch.trip@gmail.comへご連絡お願いします。(o^-^o)
*お席が早く埋まってしまう可能性がありますので、お早めにお申し込みください。
---
Lunch Trip Crew

2010年5月27日木曜日

秋田温泉ホテル♪ー出張とホテルの関係


あみです。今週は秋田の横手の温泉宿で過ごしてます☆
旅?いやいや、出張なんです。ちょー旅気分の出張(笑)。
国内出張はいいねー!電話つながっていろんなひとから掛かってくるし、サービスも丁寧♪

そうそう、今泊まってるホテルはなんと東北で2年連続人気No.1らしいです。
お部屋自体は普通なんだけど、サービスが細かい。
加湿器とリセッシュがついてるとこは、結構ないです。笑
レディースプランの私は、質の高いスペシャルアメニティセットと美味しいオードブルまでついてくることに満足!
食事もほんとぜーんぶ美味しくて・・・秋田は米どころでもあり、稲庭うどんあり、お刺身も最高!
今日はお昼に比内地鶏稲庭うどんというスペシャルいただいちゃいました♪(写真)

温泉も2つあります。
何しろ仕事が4時半に終わるので、かなりホテルライフを満喫してます。w
見逃したけど、7階スカイスパから夕日もみえるらしい。
リーズナブルだし、お勧めです。ただし周りには特に何もありませんが・・・w
 
 
実はこの秋田横手市には2年前も研修で参りました。
でも、今回はお客さんに研修をする「講師」側の立場できています。はー、変なの。
こんなホテルに泊まらせてもらってるから、がんばらなきゃ☆



課長と夕飯中話してたのですが、出張のときは特にホテルがかなりモチベーションに影響します。
学生のころの旅行では「別に安くて変なホテルでもいいや、あまりすごさないし」という気分でしたが、
海外出張などでは「とにかく英語(か日本語)が通じて安心できる場所で眠りたい」という気持ちになります。
やっぱ生理的欲求(ちゃんと食べたい・寝たいetc)が満たされて、次の社会的な欲求(働きたい)などを満たしたくなるのかなー?
マズローの法則をあてはめてみたり。w

でも、やっぱHome sweet homeだけどねー^^
 
--
Ami Matsuzawa
www.lunch-trip.com
"Travel the world by going to lunch!"



2010年5月25日火曜日

Paris Continued!

順番が逆になってしまったけれど、GWのパリの3日目で発見日記を書いたので、そのあと3日分のを書きます♪

4日目朝、かおちゃん到着、ホテルと待ち合わせ!のはずが、なかなか来ない。

30分、40分、1時間たっても。直接ルーブルいったのかな?どうしたんだろう?と思ってたところで、感動の再会。
なななんと、空港からの電車のなかで近くの人が強盗にあい、かおちゃんも催涙スプレーをかけられたと。博多⇒香港⇒パリと長旅を終えてきた彼女がかわいそう。でも、めっちゃ元気でした。ちなみに犯行グループは黒人の若い男の子たちだったって。パリではおしゃれな黒人をたくさんみていたので、NYほど格差がないのかと思いましたが、そんなことはないという現実を叩きつけられたようだった。


その日は、マルシェ(市場)・装飾/広告美術館・ロダン美術館・オペラ周辺・Ladureでマカロン・エッフェル塔と色々回りました。特に良かったのは、広告美術館と、ロダン美術館。
フランスの広告は、やっぱりシニカル!商業目的の広告でなくNPOとNGOの広告をやっていたので、テーマは様々だけど倫理的なものが多い。日本との違いをあえてあげるなら、「こうしないでください」 というだけでなくて、「守らないとこうなるよ」みたいなことを、半分ふざけて見せているのが多い。たとえば、おっぱいから汚い色のお乳が出てる写真。すごくない?環境汚染に対するメッセージ。あと、この子へあとで寄付しよっと。とコメントしてある子供の顔。右側は、上にかかってた布の縁を顔にかぶせてある。うー。ぐっとくるな。


ロダンは、絵画教室の先生にお勧めされたとおり、本当にロマンチックなお庭と彫刻。晴れてて、ご機嫌最高調!愛人のために作ったらしいよ、このおうち。本物みたいにみえる顔と筋肉に加え、なんだか表情に人間味があるんだよね。ついつい見入ってしまいます。


夕方から夜にかけて、エッフェル塔の前に夕日が沈んでいくのをみようということに。ちなみにパリが暗くなるのは夜9-10じです。人生について、愛について、仕事について。一通り話したあとに、さ、お会計。といったときに、彼女の顔が凍りつく。
「・・・ない。お財布がない。」もう一回探しても、何度探しても、ない。一日中一緒にいてまったく気づかなかったけど、綺麗にお財布だけ落としたか、盗まれた。やっぱ怖いのかもよ、パリ。プロの技だ。ちなみに中身3万円ほど入っていたそう・・・ショックが続きました。


5日目、ルーブル美術館で待ち合わせ⇒オペラ近くのスーパーで買い物⇒本物オペラへ。ルーブルは正直混んでて疲れた。
さらにその6日目は、モンサンミッシェルへ。ここは特にお勧めされたからHISのバスツアーでいってみる。海外でこういう日本人ツアーは初めてだったけど、150ユーロは高いけど、説明聞けるしいいものだね。でもお互い知らん振りする感じの日本人が驚きだった。モンサンミッシェル自体はね、おしゃれな江ノ島。っていったら、かおちゃんに辞めてといわれたけど笑島にせまーい道があって、所狭しと観光客用のお店が並び、一番上にお寺/修道院があるというところは一緒でしょ?
もちろん、ここはもっと古い歴史がある。うたい文句の中世のキリスト教がそのまま切り取られたような島、というのはホントだった。修道院のなかにはいくつもの時代の建築が重ねられてて、それが面白かった。でもやっぱり宗教を理解していることが前提だなー・・・これはヨーロッパ全体にいえることかもしれないけど。


そうそう、途中に寄り道した小さな村が、ほんとにおとぎ話に出てきそうなくらい可愛かった!でもどうしてこれをおとぎ話と考えるのかな?おとぎ話は、本物の家を描いてるだけだからだ。
先にディズニーランドをしってる私たちは、どうしてもディズニーの世界みたい、といってしまった。でも、ディズニーランドがこれを真似してるんだ。変なの。世界を疑似体験できる環境が多くなり、先に何かで疑似体験をしていることが多くなるとどうしても最初の体験のほうを基準に考えてしまうものなのかも。



夜は、私のオレゴン時代の友人Maxime,友人の友人で2日目に仲良くなったClaire,という2人のパリジャン、そして博多娘かおちゃんと4人でご飯。Claireに、「例のおとぎ話にいるように感じる」話をしたら、私は日本にいったときそう思ったよ、と。「のびたが畳で、ドラえもんが押入れで寝てるのを見てたから、ほんとに和室と日本の小さい可愛い家をみたとき、それはもう興奮したの」そうなんだねー。

最後に、フランスの食事について改めて書きます。野菜が少ない!果物もあまり食べない気がする。もちろん人によるのだろうけど、レストランでの副菜も全体の量に比べ少くて驚きます。これだけ!?みたいな。ちなみに八百屋をのぞいたけど、アボガドは5つで3ユーロだった!安いよね。だから、友人の家やホテルで買って食べるのもお勧めです。
あと、パリにはアフリカなど多国籍の料理屋さんがあり、パリジャンたちも日常的にケバブやピザを食べてるそうです。ちゃんとしたフランス料理は高いんだって。

それからワインは高くないし、ヨーロッパですしお昼から飲んで普通。シャンパン地方でできたものしかシャンパンって呼んじゃいけないって、私は知りませんでした。バケットは最初は無味乾燥に感じるけど、好きになりました。


そんなとこかなー^^ではでは、最後まで読んでくれてMerci,
調子に乗って写真のせちゃいます


マドモワゼル・アミ

2010年5月24日月曜日

カメルーン料理@池袋オービレッジ

お久しぶりです♪あみです。今月は日本にいます笑っ
最近はランチトリップアフリカ便@三菱商事の準備で忙しくしてます。

ななんと、230名ものお申し込みをいただいています!これは、Table for twoと共同でやるからなんですが、すごい人数になりました。


昨日もミーティングでした。
カメルーン料理をおだしするので、池袋のオービレッジでカメルーン生まれ日本育ちのイケメン、バルさんに話をききました。
一眼レフでとった写真からみえたのは、
自然と笑顔がたくさんのカメルーン!料理には昔ながらの石かまどが使われているそうです。
家族みなで料理をする風習があるというのもすてきだなぁと思いました。

2010年5月19日水曜日

中国〜トルコ〜韓国♪

この一週間、中華料理とトルコ料理と韓国料理を食べに行きました☆

女子大時代の友達と、新宿ルミネエストの上にある九龍點心の中華バイキングでランチ♪

エビチリのエビがぷりっとしてておいしかったです!
デザートのタピオカミルクもおいしくて、3杯もおかわりしちゃいました(笑)

チャイナドレスのお姉さんが、ワゴンでできたて点心を持ってまわってきてくれるのもうれしいです♪

近所の商店街にトルコ料理屋を発見!
母と一緒に行ってみる(笑)

名前を忘れてしまったけど、トルコ風のハンバーグランチを頼んでみました。
料理もおいしかったけど、それより大画面で流れてるベリーダンスの映像にうっとり〜
ベリーダンスって、衣装も踊りも妖艶な感じですよね♪

夜はバーにもなって、週末はベリーダンスショーもやってるそうで、すぐ近所にこんなお店があったなんて驚きでした!近所のお店をいろいろ開拓してみるのも面白そう♪

週末は中高の友達と新大久保へ。
実は新大久保には初めて行ったのですが、プチ韓国という感じで楽しかったです♪

友達おすすめの味ちゃん(まっちゃん)は、並んだけれどその分めっちゃおいしかったです!
店員さんがちょうどよく焼いて切ってくれる肉厚のサンギョプサルは最高だし、お酒も飲んだのに一人2000円代でリーズナブルだけど満腹、大満足♪


写真は九龍點心の点心と味ちゃんのサンギョプサルですっ

2010年5月8日土曜日

北海道ツアーつづき

GWに北海道に旅行に行きました。

3泊4日で、航空券+1泊つきフリープランのツアーでした。
2泊目以降は、宿を予約せずにいきましたが、甘かった!
30件以上宿を電話しましたが、すべて満室。。

ようやく、みつけた1件。

海のそばですてきなペンション!写真は部屋のテラスからみた夜景。
火曜サスペンス劇場の舞台になったペンション!
とてもすてきなところでした。

2010年5月5日水曜日

北海道ツアー

ゴールデンウイークは北海道に行ってきました。

3泊4日、航空券と1泊付き、ゴールデンウイークなのに30500円!


とにかく食食食!
おいしいものをたくさん食べました。
お米はどこいってもおいしい!


レンタカーを予約なしで借りようと思ったけど、ピーク時に予約なしで借りるのは難しい‥
借りるのにいくつものレンタカー屋に電話して、ようやくランクが少しアップした車を借りることができました。

今回は札幌と小樽の2都市だったけども、次は函館や十勝なども行ってみたいです☆

また続き書きます!

2010年5月2日日曜日

GW in PARIS!

フランスに来ています。
憧れの地、華の都パリに一週間。
パリが3日間過ぎたところで、ちょっと一息休憩。
気づいた事、思いついた事、おもしろかった事書いていきます。

まず、実はこの旅の第一章は韓国ソウルで始まってるんです。
飛行機予約した後よくみたら、ストップオーバーだったんだよねー。
ってなわけで、韓国人の友人にメールしたら、時間を作ってくれました。
韓国ってホント、日本と似てるよねー。去年夏も着たけど、やっぱそう思う。
仁川空港も綺麗だし、英語通じるし。
やっぱ発展途上な中国とは違うなぁと思ってしまう。
ソウルのカフェって12時近くまでも開いてる。お酒飲まなくたって、遅くまでガールズトークはとまらない。
20代女性が3人集まれば、もちろん会話の中心は恋愛。
韓国と日本でモテルタイプのちがいも話したりして、楽しい!
どういうときに惚れる?という質問に対して、
ロースクールに通うヨンジュ姉さんは、「プレゼンとか仕事とかすごくがんばってるとセクシーって思うよねー。これ、韓国の定番だよー」だって。
ふむふむ。確かに、真剣な横顔はかっこいい。
タメで照れ屋のヒーチャンは、「水が嫌いだから海が嫌なんだけど、それを思って支えてくれたときにドキッとしちゃった」だって。
それって吊橋効果だよね!(吊橋のどきどきと好きのどきどきが混ざっちゃう)という話で盛り上がった。

そして、飛行機で11時間かけてフランス・パリへ。
なんとビジネスクラスon Air France。ラッキー!
Korean Air が買い取ってるから、機内食はキムチとバゲットという異色の組み合わせ。そりゃないよー!

日本人の友人が仕事で3日間遅れてくるため、先についた私はフランス人の友人と遊んでもらってます。
とにかく、嬉しい!パリにいるっていうだけであがる。
ここからは、パリについて私が持っていたイメージをあげて、そのあと実際の経験の中からホントだったかをかいていきます。
・毎日バゲットを食べている。
・ワインしか飲まない。
着いた初日夕方は、友人ManuがSeine River(セーヌ川)の近くで友人と飲むのに誘ってくれたの。
ちょうど暖かい日だったので、周りにもワインとチーズで待ったりしている人がたくさん。
日が段々落ちていくセーヌ川は、この世のものとは思えないほど美しいし、自分でその美しさを知ってる感じ。
これはただ私が夕日フェチだからそう思うんじゃなくて、きっと沢山の人に褒められているからだと思う。
みんなね、ほんとにバゲットもって来てたよ!
チーズ挟んで、ワインと一緒に食べてたよ!
フランス人にとっては当たり前なんだろうけど、私にとってはいちいち驚きでした。
あと、白ビールっていうのがすごーく美味しくて。フランス人はワインだけって言うのは固定概念でした。

・フランス人って、英語を話したがらない。観光客に冷たい。
これは完璧に固定概念だった。そして、心配の種でした。
けど実際には・・・私は道で話しかけられた人に最終的に逆質問をするの(笑)。みなものすごく親切。
わたしを約束の場所まで連れて行くために30分使ってくれた人もいた。
ほとんどの人が発音のよしあしは別として英語を話せる。
今のところ、フランス人のイメージすこぶる良いです★

・フランス人女性は、スカーフで小粋。
フランス人はほんとにオシャレなんだろうか?
ほんとだった。その秘訣は、髪型とスカーフ。
髪型をアレンジするのって日本人くらいかと思ってたけど、こっちの女の子たちも上手。
ねじってとめる、と言う簡単なピンアレンジが多いけれど、ふんわり女性らしく見せてる。
スタイルはパンツスタイルが多いかな。
大きめの黒ジャケットの中に襟ぐりの開いた柔らかい水玉シャツを着て、七部竹のジーパンを合わせてたり。
ワンピースとロングニットを細身のパンツに合わせたりとか。
ロックな人もロマンチックな人もいるけれど、自分に合ったオシャレをしてる、という表現が合う、
アメリカ人と比べると、断然オシャレ。
特に黒人のファッションがオシャレだなと思う。
スカーフは、巻き方も様々。頭に巻くのが多いのは、アフリカ系フランス人の影響かな?
あと、他の国よりもお化粧をしっかりする傾向があると思う。
ペンシルアイラインを嫌味なくはっきり引いてる子が多い。
パリにいると、自分が惨めに見えます。

・人種のるつぼ。
パリ北部に泊まっていたこともあるかもしれませんが、アフリカ系フランス人が予想以上に多い。
自国の民族衣装を着ている人が多いのは、USと違うかもしれない。

・仕事は、人生を楽しむ手段のひとつ、という考え方がある。
ほんとらしい。
今日はMay1stは労働の日。
・・・と嘆いてしまうくらいどこも閉まってました。
空いてるのはレストラン、ビンテージストアくらいかなー。

・パリジェンヌはVintage Storeをうまく利用。
ほんとみたい。
どの国にいっても同じようなファッションが買えるようになった現代、お国柄が出るのはデザイナーや ビンテージストらだと思うのです。
友人の友人で仲良くなったClaireにきいたら、可愛い店を教えてくれた♪
どこも込んでたし、価格も日本の古着屋より手ごろ。昔のとか、可愛い!

・いつもフランス料理を食べてトレビア‐ン
違うらしい。Claireがつれてってくれたのは、人気のヨルダン料理でした。美味しかったー!
フランス料理レストランは、地元の人にとっても高いから行かないらしい。庶民的な食堂は別として。

・日本人観光客だらけ。
今のところ、まだ10人も見てない。
ブランド通りいってないからかな?

・日本アニメ大人気。
ほんとだ!みんなに、[NARUTO][Dragonball Z]の話をされる。
読んでなくてごめん。スラダンが早く広まれば良いのに!笑

・男の人のあまーい囁き
まだされてないよ!笑
でも、積極的に話しかけてくれる人はものすごく多い。結局道案内してもらうのだけど・・ごめんよパリジャン。
泊めてくれてる友人Maximeも、めっちゃジェントルマン。

ふーねむい。何度も首ががくっと落ちました。。
あと3日で、パリが何でこんなに人気都市なのか、それを探りだしたいなと思ってます。
明日朝 福岡から友達がやってくるので、今日はこれくらいにします。
チャオ!

--
Ami Matsuzawa
WWW.LUNCH-TRIP.CIM
"Travel the world by going to lunch!"

Lunch Trip011 CANADA vancouver REPORT

おはようございます!
月曜日の朝、Lunch Trip CrewからOLにもどるのがちょっと時間のかかるAmiです。
(ん?あたしはOLなのかなぁ??よくわからないけど。w)

昨日はLunch Trip011 Canada Vancounver便でした!
お店は恵比寿にあるgood honest grub:
3時から、20名ほどと規模は少し変わりましたが、一軒家の2階にはぴったりのアットホームなかんじでしたね♪

料理はオーガニックな料理が中心。
いかにも肉!を使ったのではなく、自然に配慮した、体に優しいカナダの料理を出していただきました。
・Egg Benedict
・Pan cake / french toast
・Turkey sandwitch
・Salad
・Calot cake
・Tea / Coffee

ガイドさとぅの話は、観光紹介と彼がカナダで見た衝撃「白昼堂々マリファナパーティをしている」について、が中心でした。
バンクーバーでは、公立図書館のような公共の場で4月20日にマリファナパーティをしているそうです。
笑ってしまって終わり、な話なのですが
彼は「これって、国により常識の考え方がだいぶ違うんだな」とかんじたそうです。

お酒もマリファナも体に悪い。そして、両方法律で禁止されています。
でも、日本では大学1・2年の未成年が飲酒しても捕まることはほぼないですよね。
カナダでは逆で、未成年の飲酒はかなり厳しく取り締まられます。買うときも、IDは二つ見せる必要がある。

--
Ami Matsuzawa
www.lunch-trip.com
"Travel the world by going to lunch!"


-

2010年4月28日水曜日

カナダ・バンクーバー便

みなさん、こんばんは☆
毎回、写真を撮らせてもらっている、神田です。

先日の日曜日のカナダ・バンクーバー便、楽しかったですね♪
お料理も美味しかったですし、
さとぅのプレゼンテーションも意義深いものでした。

あの素敵な時間をみなさんに思い出してもらいたいので、
写真をUPします♪
スライドショーでご覧下さい♪

もしいい写真があれば、神田まで気軽にどうぞ♪
焼いてプレゼントします♪

フライトの総括はcrewの3人にお任せします☆
それでは☆

2010年4月25日日曜日

カナダ バンクーバー便詳細&Lunch Trip News

Dear Lunch Trip Passengers,

今日は晴れて気持ちいいですねー^^、いかがおすごしですか?

10日間の日本滞在中、Crew amiです。
今日は一緒にカナダ・バンクーバーに旅立ちましょう!一番下のLT NEWS!も御覧くださいね。

�【Lunch Trip011 カナダ
バンクーバー便詳細】*参加表明されていない方にもお送りしています。*あと数名募集中!本日18時までに連絡ください。ただし、当日キャンセルはお金がかかりますのでご注意ください。
日程:4月25日(日)
集合場所:渋谷モヤイ像前 14時55分 時間注目!!
レストラン:グッドオネストグラブ
http://www.goodhonestgrub.com/
Tel/Fax
03-3797-9877 東京都渋谷区東2-20-8
旅費:3000円
ガイド:さとぅ 短期留学でカナダへいっていたさとぅ。彼がカナダでびっくりした経験、そしてそのあと考えた話は、まずは笑える!でも、よく考えるとなかなか深いんです・・☆

*今回は一軒屋のお店に18時までと長く滞在できるため、カフェタイムは設定しません。

*搭乗準備:今回の新制度!!
今回からは、自己紹介後、あるテーマでカナダのことを話していただきます。
そのテーマとは、カナダの「観光地」/「多民族性」です。どちらかに関するデータや関連事項を調べてきてください。自己紹介のあと、各テーブルでお話していただきます☆
Lunch Tripをただの「旅好きな人のランチパーティ」ではなく、「その国について学べるパーティ」とするための、初挑戦です。
Lunch Tripでお伝えできる情報は多くありませんし、ガイドは一人です。せっかくのチャンス、ご自身でついて1つでも調べてきませんか☆どんなことでも構いません。
海外の目に見えない生活に"思いを馳せる"。その一環としてLunch Tripを捉えていただければ嬉しいです。


*旅先レストランのポイント♪
東京に唯一あるカナダ料理屋さん。
野菜やフルーツもオーガニック。数少ない、美味しいエッグベネティクトが食べれるお店!
遠方に住むカナダ人のお客様が週末のブランチを楽しみやってくるため、毎週大賑わい☆
実は、その常連さんたちの為にもランチパーティはさせていただけないところでしたが、交渉の上3時半から予約をさせていただきました。
オーナーのドンさんはもちろん気さくなカナダ人。彼の地元についてもお話いただく予定です。

--
�【Lunch Trip NEWS! 三菱商事株式会社様での開催について】
それは、2010年6月10日のランチタイム・・・
社会貢献部のプログラムの一環として、三菱商事株式会社様内にてLunch Tripアフリカ便を開かせていただくこととなりました!!

定員100名規模、景色のいい28階のお部屋をまるでアフリカ内のある国のように飾りつけ、お昼休みに楽しいランチ会を開きます。
もちろん本物の料理を提供し、その国について「知るきっかけを楽しく提供」します。
こちらはNPO法人Table for twoさんとの提携プログラムとなっており、社員の方の購入金額の一部がアフリカの子供の給食費となります。

Lunch TripPassengerであるTable for twoの千津、三菱商事の絵美子ちゃんと4か月前から進めてきたプログラム、ついに開催決定です^^
詳細は随時HPにてUPしてゆきますので、ご確認をお願いいたします☆


Ami Matsuzawa
www.lunch-trip.com
"Travel the world by going to lunch!"

--

2010年4月22日木曜日

バンクーバー便の下見。

みなさん、こんにちは♪

photo crew の神田です。


先日、4月18日(日)、crew+プレゼンターさとぅ、バンクーバー便の下見に行ってきました。

とてもいいレストランでした♪
試食した料理も、美味しかったです♪

その様子をご覧下さい☆
素敵でしょう?
バンクーバー便でお待ちしております・・・

2010年4月20日火曜日

激安ツアーで行く北京の世界遺産めぐり

北京


書くのが遅くなってしまいましたが、三か月ニートになったことをいいことに、4月12日~16日まで、親友と北京に行ってきましたー!

「6つの世界遺産観光&10回の食事つき、シェラトンに滞在 北京5日間 39800円」(サーチャージなし)という驚きの激安ツアー(笑)

その激安ぶりにビクビクしつつ参加したのですが、



めーーーっちゃ楽しかったです♪♪


良かった点は

・遺跡や歴史的な建造物をガイドさんが説明してくれる

・ずっとバスで連れてってくれるから移動が楽ちん

・そして何よりフリープランよりもものすごく安いっ!!
(ご飯もおいしかったし、ホテルもシェラトンなのできれいでした)


いまいち?だった点は

・朝から晩までがっつりプランが組まれてて自由時間がほとんどない
(夕飯後はさすがに自由。治安大丈夫そうだったので、夜街歩きを楽しんできました☆)

・シルクやお茶や寝具などなど、毎日観光客向けのお土産屋さんに寄って、ジャパネットたかた的な話を聞かなくちゃいけない
(激安の理由はこれなんでしょう。でも買わなくてもいいし、プレゼンを聞くのは毎回楽しかったです♪
プレゼンが素晴らしく上手な中国人がいて、全く欲しくなかった高級枕買いそうになってました!笑)



さてさて、ざっと旅を振り返ってみます
(5日間でも1、5日目は移動で、観光は3日間でした)

【観光一日目】
北京は排気ガスの影響もあり、普段晴れることが少ないそうだけど、この日はめずらしい気持ちのよい晴れでした♪北京郊外の観光へ。

☆頤和園(世界遺産)
西太后が愛した大庭園。頤和園再建のために西太后が国費を流用して、清の滅亡が早まったともいわれているそう。
湖の水面と綺麗な建築物と青空、その綺麗さにしばしうっとり。


☆明の十三陵(世界遺産)
明朝13人の陵墓。
その巨大さにびっくり!
ここでもここ以外でも、中国の建造物では風水の思想の影響が多く見られました。


☆万里の長城(世界遺産)
始皇帝が造らせた異民族の侵入を防ぐための壁。
旅行の中で一番感動した場所。

北海道から沖縄間を往復できるほどの長さがあるらしい。
実際に歩くこともできて(かなり急勾配ですが)
歴史を肌で感じることができます。

足腰がしっかりしているうちに、ぜひもう一度来たい!!と思いました。


☆王府井散策
「全聚徳」という有名店で北京ダックの夕飯を食べた後は解散!ということで、地下鉄に乗って北京一の繁華街王府井に行ってみる。
北京オリンピックで地下鉄等も整備されたようで、車両もきれいで快適でした。どこまで行っても2元(30円弱) とリーズナブル。

王府井は高級デパートが立ち並んでる横に、いろいろな屋台(サソリの串刺しとかあった!)が並んでいる庶民的な通りもあって、見てるだけでも楽しかったです♪

きれいでかわいい感じのお菓子屋があったので、いろいろお菓子を買ってから、たくさん歩いて疲れたので足つぼに寄ってホテルに帰りました。


【観光二日目】
今日は北京市内の観光。くもりのちうっすら晴れ。

☆天壇公園(世界遺産)
「天は円、地は方」という古代中国の宇宙観にのっとって造られた建造物。
円型の祈年殿は、その形と色がとても綺麗。
また、公園はお年寄りの憩いの場のようで、みんな自由に太極拳やダンスやトランプを楽しんでいました(笑)


☆北京動物園
ひたすら葉っぱを食べてるパンダが、とにかくかわいかったです♪


☆故宮博物院(世界遺産)
天安門広場を通って、皇帝が暮らした故宮博物院へ。世界最大の木造建築群。
その広さ、半端なかったです!!
映画「ラストエンペラー」の舞台としても有名。

隣りの景山公園からは、故宮博物院の全体や北京の町並を見下ろすことができて、その景色は絶景でした。


☆西巣散策
今日は夕飯後、王府井に並ぶ繁華街西巣に行ってみる。
こちらも高級デパートが立ち並んでいたので、気になるデパ地下へ。おいしそうな大福を発見して購入。
庶民向けのスーパーや雑貨屋さんでも買い物してみました☆

二日目も足つぼに寄って、ホテルに帰りました。


【観光三日目】
北京郊外の観光。くもり。

☆廬溝橋
廬溝橋事件の舞台。マルコ・ポーロも称賛したという優美な橋。
498体の獅子一つ一つの表情が違って、見てて面白いです。


☆周口店北京原人遺跡(世界遺産)
北京原人の化石が発見された場所。
博物館では日本語(ちょっとおかしいけど)のミニシアターも見れて、人類の進化に思いをはせられます。


☆胡同散策
胡同は路地や横丁という意味で、昔ながらの町並のことを言うそうです。
人力車の三輪車バージョンの乗り物に乗って散策したり、切り絵師のお宅訪問をさせてもらいました。

ガイドさんが、「このあたりは夜になると北京の若者が集まるバー街になって、治安もいいし面白い」と言うので、夕飯後の自由時間にもう一度胡同へ行ってみました☆

胡同にある湖の周りには、たくさんのバーが夜になると開いて、どの店も生演奏の音楽が流れていて、とてもいい雰囲気♪若者もたくさん集まっていました。

湖の周りのバーやカフェを三軒はしごしてから、やっぱり三日目も足つぼに寄って帰りました。

足つぼ最高っ



そんなこんなの北京の旅、とにかく
安くて楽しかった!!
です♪

今までパックツアーよりも断然フリーな旅派でしたが、
パックツアーも、ガイドさんからいろいろな話も聞けるし、安いし、メリットもたくさんあるなぁと思いました。

歴史や文化を感じることも、
にぎやかな繁華街も、
どちらも楽しめる北京。


またいつか行ってみたいと思います。




あっあと、今回は保育園・幼稚園見学はなかったのですが、ここを読んで、少し中国の幼児教育についても調べてから行ってみました。寮制の保育園があるというのには驚きました。

ガイドさん(女性)に5歳のお子さんがいるというので話を聞くと、3歳から寮制の保育園に入れるけど高いので、普段はおばあちゃんに預けて別々に暮らしていて、休みの日だけ会いに行くと言っていました。
中国では幼児期から母子が離れてくらしつつ、母親が仕事をする、というのも普通なようです。

「でも、さみしい」

と話していたのが印象に残りました。

2010年4月13日火曜日

プレゼン金曜、少林寺土曜、ひとりぽっち日曜。

金曜日・・・30名ほどのお客様の前でプレゼンがありましたよ☆
初めて自分の成功事例ができました!
前回初ひとり出張のときはすごく辛かったので、やっとほっとしたー。

プレゼン自体もとてもうまくいって、総経理から「これからいつもあなたに来てほしい」といわれますぃた^^
大きな会社で可能性もあるので、いい事例になるかなー
と思いつつも、田舎でご飯があまりあわないからちょっと怯むあたしがいます。(そんなんでいいのか・・・)

そして土曜日!代理店のおばちゃんが「よくやった!お疲れ♪」ということで、
なんと鄭州の有名な「少林寺」に連れて行ってもらえることに!
車で3時間ついた奥地なのに、観光客がイッパイ。
すごかったよー、だって
筋肉質な少年たちがたくさん(笑)!!
動きがめっちゃ早い!!!!
かっこいい!!!!!!!!!!

ばくてんとかジャニーズ並みにさらっとやってくれます。
見た目は高校球児みたいなんだけど、もっと小さい5才くらいからもいるの。すごいなー。
全国から集まるらしい。広大な土地に広がるDragonBallの世界でした☆

通訳の金さんはココに来るのが子供のときからの夢だった・・といってました。
ほんと、男の子だったら絶対憧れる。
全然武道を知らない私でも楽しめたので、もし近くにいくことがあれば(まずないか)お勧め。


それから日曜日。
金さんちの家族タイムを邪魔したくはないので一人で過ごすことにー。
朝は素敵なバイキング朝食にるんるん・・・でも、一日ずっとホテルの部屋にこもると欝になってきました。
。。やっぱ私一人で一日は過ごしきれません。
誰かと話さなきゃやってけないみたい。
外に出て買い物しましたが、自分の中国語の通じなさに悲しくなりました。

でも、今思えばよかったかも!

通訳さんがいるとどうしても不自由なくすごせ、一人できている不便さを感じなくてすみます。
逆に、自分の中国語のできなさにも、
外国人のひとりぽっちの寂しさも、
日本にいるときの反省もできなかったかもしれません。

何年も住んでれば別として、
外国にきたばかりの人というのは本当に泡のなかにいるような感じだと思います。
自分から壁を壊さなきゃいけない。
けど、それが怖い。
だって何はなしてるのかワカラナイし、どこが危険かワカラナイし。

よく駐在員の奥さんがこの状態になると聞いていたけど、あたしの上司の奥さんも正にそうだったようです。
自分の意思で外に来て、学校や仕事を持つなら直接の知り合いが多くできるけど、
昼間やることもなく一人きりでだんなさまをまつのは、結構つらいだろうなと思います。
ノイローゼになるひとも多いらしいです><

日本に来る外国人もきっと同じ。
ちょっとした銀行とか郵便局とか携帯にお金を入金とか、自分の国にいればなんでもなくできることができないって、
結構ストレス。
留学中は英語ができてもちょっとめんどくさかったから、
これが知らない言語でやるとなると辛いよ。
今はホテルのひとや通訳の助けがあれば楽しんでられますが、
一人で簡単なことができない状態が続くと、ただそれだけのことで凄く落ち込むっていうのがわかった。

出張中の休み、かないつも助けてくれる誰かがいたことに
普通の旅だと経験しなくてもよいことなんだろうけど、
他人の痛みや不便さが少しわかるようになったってことで
ひとりぽっちの日曜日を肯定してみました。


・・・最終週へ続く♪


Ami Matsuzawa

www.lunch-trip.com

2010年4月12日月曜日

中目黒

先週、中目黒で夜桜しました。
目黒川沿に咲いているのですが迫力あってキレイです。
みたらし団子も売っていました。

2010年4月9日金曜日

パックツアーじゃ体験できない釜山








ノルウェー便にも来てくれた友達のさとこに誘われ、韓国の釜山に行ってきました☆
2泊3日、あっという間だけど濃い旅でした(笑)

市場でさばきたての動いてる刺身を食べたり、
釜山の劇場の舞台裏や幼稚園を見学させてもらったり、
地元の人しか知らない夜景スポットやすっごく美味しい焼肉屋屋に行ったり、
なかなかできない体験をさせてもらいました!!


ソウルには一度行ったことがあるけれど、釜山は初めて。
現地ではさとこの友達で、現地の劇場で働いているタイガーと、その後輩ファニーがいろいろと案内してくれました。


一日目、
飛行機で隣りになった、釜山出身で日本在住というおばちゃんがまず印象大!

釜山は場所的には神戸に似てる、人の気質は大阪に似てるそうで、おばちゃんもそんな感じで二時間しゃべりっぱなし(笑)

おばちゃんが二時間話してくれたことをまとめると三つ↓

・「食べ物をあげることは一番のコミュニケーションツールだ!
(料理を近所に配る等)」
・「男と女の脳は作りは違って男は単細胞で単純よ。だから多少のことはおおめに見てあげましょう。」
・「結婚は絶対にした方がいい。老後さみしいよ。」


だそうです(笑)なるほど。


さて、夕方に釜山に着く。
「今日はあと夕飯を食べに行くくらいかな」と軽く思ってたら大間違いでした、、、

ホテルに着くとさっそくタイガーとファニーが車で迎えにきてくれる。
そしてまずは夕飯を食べにチャガルチ市場へ。
チャガルチ市場ではその場でさばいた新鮮な刺身が食べられて、
タイガーの知り合いのお店で、ひらめやタコ、あわび、毛ガニやホタテをお腹いっぱい頂きました♪

刺身はさばきたて過ぎてタコとかすごい動いてたけど、、、マシッソヨー(美味しい)でした!
あと蒸した毛ガニがほんとマシッソヨー!


そしてお腹いっぱいだけれどデザートは別腹だろうと、
「ホットク」という、ひらべったく揚がったおもちの中に甘いソースが入ってるお菓子の有名な屋台に連れて行ってもらう。
これまたマシッソヨーー♪♪


夜の釜山ツアーはまだまだ続く!
次に桜並木(韓国も桜綺麗でした!)のトンネルをくぐってから、ベイエリアの夜景を見に行く。

釜山はビルや高層マンション(韓国ではマンションをアパート、アパートをマンションと言うらしいけど)が立ち並んでいて、町並みはかなり近代的。
広安大橋というまるでレインボーブリッジのような橋も綺麗でした☆

スタバでコーヒーを飲んで一息ついてから(まるで日本)、次はタイガー達が働く劇場へ。
劇場では週末から始まるミュージカルの仕込み作業中で、皆さん遅くまで仕事をしていました。お疲れ様です、邪魔してごめんなさい;
でもなかなか見れない劇場の舞台裏が見れて楽しかったです!

最後にとっておきの場所へ案内してくれるといい、車は山道を登っていく。
そして車を降りて少し登って山頂に着くと、
なんとそこは360°ぐるっと釜山の夜景が見れる絶景スポット☆
あまりの綺麗さにしばし感動。

ホテルに着いたのはすっかり深夜で、盛りだくさんな一日目が終りました☆



そして二日目。
爆睡していて起きると10時過ぎ;
ホテルの側の釜山タワーや国際市場を散策してると、
お昼にファニーが迎えに来てくれて、劇場でタイガーを拾ってから、遠いけれどめちゃめちゃ美味しいという焼肉屋へ向かってドライブ!

釜山の人の運転はソウルよりも荒いらしく、とくにバスは運転がすごい荒くてぶつかってきそうで怖かったです(笑)

そして車は焼肉屋に到着。
味の染み込んだ肉厚の豚肉を炭火で焼いて、ハサミで切ってサンチェにくるんで食べる。
、、、チェゴーーー!!(最高ーーー♪♪)

ミルミョンという釜山の冷麺も激ウマでした。

しかもお腹いっぱい食べたのに一人たったの1000円ちょっと。安さにも感動です!


次に創建は飛鳥時代という歴史あるお寺ポモサへ。
そこでは日本語の最新の音声ガイドの機械をタダで貸してもらえ、観光客への親切さに驚きでした。

「見ざる、聞かざる、言わざる」のかわいいお地蔵さんがあって、日本のお寺と似ているものも多かったです。

そして、私のわがままで実現した幼稚園見学。
なんとタイガーが事前に現地の幼稚園に話をしてくれていて、日本語の少し分かる先生が園舎内を案内してくれました!

実は韓国の幼児教育について少し調べて行ったのだけど、(こちらを参考にしました)
韓国では早期教育に熱が上がっていて、
英語や読み書き、計算、ピアノ等の授業が幼稚園からあるそうです。
(飛行機で隣りのおばちゃんいわく「やりすぎ!」だそうで、そう思ってる人もいるみたいだけど)

見学した幼稚園でも英語を教えているところでした。

驚いたのが教室や図書室の広さ、教材の豊富さ、そして装飾物の完成度の高さ!!
見学した幼稚園では自然物を利用した装飾を心がけているそうで、至るところに先生達が作った素敵な装飾が飾られていました。その丁寧さや綺麗さにびっくり!
(私が働いていた日本の保育園では子どもが作った装飾を飾ることが多かったけど、見学したところの装飾は全部先生が作っていました☆)

あと面白いな、と思ったのが教室が絵本、工作、つみ木などのコーナーに分けられていて、(それは日本にもよくある)
その中に植木鉢がずらっと並んだ科学のコーナーがあったところ!これは初めて見たので、なるほど~と思いました。

早期教育についてはいろいろな意見があると思うけれど、韓国では幼児教育がとても重要視されている、ということはとても伝わってきました。


二日目の夕食は初めて食べるサムゲタン!
高麗人参やもち米と、鳥1羽をまるごと煮込んだ鍋で、韓国では元気が欲しい時に食べるそう。(日本でいうウナギ的なもの?)

サムゲタンもすっごく鳥肉がやわらかくて美味しかったです♪



最後にシンセカイという世界一大きなデパート内にある温泉へ♪
後楽園のラクーアのような雰囲気でとても綺麗だけど、700円ととってもリーズナブル。

温泉の他にも、塩サウナや黄土サウナなどたくさんの種類のサウナがあって、体の中の悪いものが全部出た!という感じで大満足でした。

サウナの後に食べた韓国風かき氷(フルーツやアイス、あずきがたっぷりのってる)の味にも、大感動。

チェゴー♪マシッソヨーー♪


二日目も大充実で終り、三日目は朝出発だったので、タイガー&ファニーとはここでお別れ。

本当に二人にはお世話になりました。
カムサムニダー!!(ありがとう!)
二人のおかげで釜山を大満喫できました♪心から感謝です。

誘ってくれたさとこにも感謝です。


今度は私が日本を
(ブルキナファソに行ってる時はブルキナファソを)、
来てくれた人がこれだけ満足してくれるように案内できたら、と思います。


2泊3日(実質一日半!)なのにとても長くなってしまいましたが、それだけとっても濃い旅でした。


日本から一番近い外国、韓国。
日本と似ているけど、ちょっと違う。
でもそこが面白い!



長々と読んでくれた方、ありがとうございました。


人生は旅!
www.lunch-trip.com

優雅なホテルの朝。(過去未来)

 えー実はわたし、人生初体験してます。
代理店のお陰で、スゥイーーーートに1週間泊まっております。
といっても別に5つ星ホテルとかではないです。
ふつーに地元ホテルで、ふつーに広いだけって感じです。w
それより、いつか泊まってみたい、っていった3日後に叶ってしまった事に驚いてます。


朝7時10分。スイートの朝は穏やかに始まる☆
鳥のささやきが聞こえる中、私は優雅にホットティーを。

・・・のはずでした。


「どん!・・どん!・・どん!」
ん?地響き?それとも恒例の爆竹か? それにしても規則的だなぁ。

「どん!・・どん!・・どどん!」
なんか太鼓みたいな?しかも複数いる?

「ぴー」「ぷー」「ポ〜」

こ、これは・・・!?吹奏楽の練習!?→音あわせ!!!!
中高時代の部活後に聞いたような音だなーと思ったら、
なんと、真横が小学校でした。
そのあと大妻の吹奏楽部よりずっと下手っぴだけど、
とっても可愛らしい音楽がホテル中に鳴り響きます。
毎日吹奏楽の練習を外でしてくれてます。

あー、小学校入ってみたいなー。授業みたい。子供の遊び違うのかなー。
どんな教育したら「中国人」になるんだろ?
興味津々。

 


話はズレましたが、先週は田舎のホテルだったんですね。
朝一番(4時か5時)に私を起こしてくれてくれたのは、何だと思う??

・・・「コケコッコーおお〜」

!! にわとり !! ニワトリ !! 鶏ーー!!
 
しかもこのニワトリ君なんだか鳴く練習中らしく、「コケコっ」とか「コケココ〜↓」とか「コケッココココ」
みたいな変な鳴き方ばっかするんだよね。ちょっと情けない。
でも君のお陰で私は一度も寝坊することなく
毎日おいしい豆乳と揚げパンとミニトマトと西瓜の朝食を食べれたよ。
初セミナー評価満点もらえたよ。
とても嬉しかったよ。
ありがと、コケ男。
君もがんばれよ。
 
 
 
Ami Matsuzawa

www.lunch-trip.com
"Travel the world by going to lunch!"



2010年4月8日木曜日

一本裏を歩いてみれば

先週は、菏泽という山東省の西のほうにいました。
(地図のAのとこね。)
青島からバス&飛行機で9時間かかりました。

ここは日本食もないし、
24歳以降で結婚していない人がいないエリアです。
海を見たことがない人が大半。

表通りはこのように赤い広告ばかり。
色でこの広い土地をよく統一しているって思うと、なんかすごいわ。
 
裏通り。
砂誇りが酷い。
店の前でおじちゃんとおばちゃんが麻雀してる。
(なほやあきちゃんに、ぜひ中国の昼間参戦してみてほしいです♪)
建物はほとんど古~いレンガでできてる。
いきなり400年前の門が現れたり、
兎を15元(=210円!)で売ってるおじちゃんがいたり、
麻雀してる横でめっちゃリラックスして犬が寝てたり、
道で豆をうってくっちゃべってるおばちゃんがいたり。
 
平日2時はなんともいえぬ穏やかさが漂っていました。
--

 
Ami Matsuzawa

www.lunch-trip.com
"Travel the world by going to lunch!"



comments